ただの意識高い系学生から本物のビジネスを知るまでのストーリー

どうも、ヒカルです。

 

当サイトにお越しいただき、ありがとうございます。

 

ここでは、簡単に自己紹介をしつつ、

僕自身の価値観の移り変わりやビジネスとの出会い、

このサイトの目指すものについて書いていきます。

 

いわゆる”意識高い系学生”だった当時を振り返ってみて

 

当時の僕は大学生。

 

ど田舎から初めて関西の都会に進出して、

いわゆる“人生のモラトリアム期”を過ごす。

 

普通に居酒屋さんのキッチンでバイトして、

学生でしたが中華鍋を振りながら、

パラパラのチャーハンを作っていました。

 

ただ、こんな事をしていては、

何も力が付かない!!ヤバイ!!

このまま大学生活が終わっちゃう!!

そんな事を3年生の頃考えたかな??

 

こんな事を考え出すあたり、いわゆる

“意識高い(笑)系”の大学生全開です。

 

ある時、訪問販売を始める。

 

意識だけは無駄に高かったので、

何かスキルを身に付けたいと漠然と考え、

始めて見たのが“営業”の仕事。

 

きっかけは友達の紹介と、高額報酬。

 

NTTのネット回線をアポなしでマンション

に飛び込んで契約を頂くって内容で、

コミッションは1件成約で4万円の報酬。

 

この4万円以内でお客さんにキャッシュバックをする事も認められていて、

キャッシュバックした分を差し引いた金額が、実際の報酬でした。

 

例えば、キャッシュバックで3万円お客さんに還元すれば、

自分の取り分は1万円って事になる。

 

普通の時給のバイトに比べて裁量があるし、

うまくセールスができれば、高額な収入も見込める!!

そう思って、この仕事にジョイントしましたね。

 

挫折と心理学との出会い

 

で、実際にやってみたんですが、

僕の希望は初日で打ち砕かれる事になる。

 

そう、『1件も売れない。。』

 

まあ、当たり前といえば当たり前。

普通にいきなり訪問してきて、

契約してくださいなんて言われても、

普通に断られますからね。

 

ただ、ここで諦めるのはダサいので、

何かしらの改善をしないとと考えて、

書店で手にしたのが心理学の本。

 

有名な“影響力武器”って本です。

 

影響力の武器第3版 なぜ、人は動かされるのか [ ロバート・B.チャルディーニ ]

価格:2,916円

 

これは、相手の心をどうやって揺さぶり、

相手からYesを引き出すのかという事

について書かれている本です。

 

心理学の話なので、恋愛とかにも応用でき、

あらゆる業界からも評価されている本です。

稼いでいるアフィリエイターも大概知っている。

 

でそこで、色んなセールスの技術を学び、

そして実践して、修正して、また実践して

って事を繰り返していく中で、徐々に結果も出た。

 

これが、僕の中にある“ビジネスマインド”

を一番最初に刺激したエピソードです。

 

学生でしたが、月収は30万ぐらい。

この経験は大きな自信として残ります。

 

その後もアプリの販売とかもしましたね。

とにかく時給ではなく、能力で報酬が決まる、

この評価体制が大好きになってました。

 

僕の常識をひっくり返した1冊の本との出会い

 

さて、なんとなく始めた営業の仕事で、

学生にしてはかなりの収入があって、

特に不満もなく過ごしていたんですが、

ある1冊の本が僕の価値観を変える事に。

 

その1冊が『金持ち父さん、貧乏父さん』

 

金持ち父さん貧乏父さん改訂版 アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 [ ロバート・T.キヨサキ ]

価格:1,728円

 

これはマネーリテラシーが異常に低い日本人にとって、

“お金の教科書”とも呼べる1冊。

 

この本の中で特に強調されているのが、

人間の“属性”から見た場合のお金持ちの法則。

 

この世の人は4種類の属性に分類できます。

 

1.従業員

2.自営業者

3.ビジネスオーナー

4.投資家

 

この4つです。

 

これはあくまで“お金”という観点から見た場合

という事になりますが、この4者には優劣があります。

 

結論から言えば、

 

3.ビジネスオーナー

4.投資家

 

の2属性こそがお金持ちの法則にはまり、

残り2つは残念ながら一生お金に苦しむ。

ここには超えられない壁があります。

 

1の従業員ですが、これは会社員の事。

他人が作った組織に属し、時間を提供

した対価としてお金を貰う人達って事。

 

2の個人事業主は、独立しているけど、

自分がプレイヤーとして活動する人。

 

従業員と違って、組織に収入を決められる

って事はない点では優位ですが、

自分が怪我とか病気とかして働けなくなったら、

その時点でゲームオーバーになってしまう。

 

さて、3のビジネスオーナーですが、

これは簡単に言えば自分の代わりに

何かしらの稼ぐ“仕組み”を持つ人です。

 

例えば、起業して塾を開いて、

講師を雇って授業を任せてしまい、

自分は経営に専念するってケース。

 

この場合は、自分が直接授業するわけではないので、

仮に病気とかしたとしても、ビジネスは回るので問題ない。

 

起業して自分が講師として授業すると、

これは2の個人事業主になってしまいます。

 

このビジネスそのものを“保有”する

ってのがとっても大事なポイントですが、

 

ここで学ぶべき事は、

 

“自分の時間の限界が収入の限界”

となるビジネスモデルを採用しない事です。

 

ビジネスの仕組みそのものさえ持っていれば、

雇う人の数を増やしたり、店舗を増やす事で、

自分の収入をどこまでも伸ばせます。

 

これは自分の収入が時間に左右されないからで、

1日24時間という有限な時間に収入が左右される

ビジネスをする人間との決定的な差です。

 

塾講師を自分でやると、自分が1日でできる

授業の数がそのまま収入のアッパーになり、

その時点で収入の限界が決まります。

 

次に、4の投資家ですが、

これは株式だけでなく、不動産もそう。

地主さんとかがその典型例。

 

地主さんなんかは、毎月毎月、

土地代が報酬として手に入る。

しかも、多くの土地を保有すれば、

その収入はかなりのものになる。

 

結局ここでも大事なのが、

時間とお金の関係性に関する法則。

 

不動産と言うのは保有するだけなら

どれだけでも保有でき、増やせば増やすほど

収入が増えますが、やはりここでの収入って、

自分の時間に左右されないです。

 

お金持ちの属性に分類されるモノに

共通して当てはまる法則というのは、

 

“働く時間と収入は反比例する”って事。

 

結局年収を上げるためには、

頑張って長時間働くって発想ではなくて、

いかにして自分の労働を減らして、

自分の代わりに稼いでくれる仕組みを

多く保有できるのかって視点が大事って事。

 

このビジネスオーナーと投資家こそが、

お金から自由になっている人達であり、

従業員や個人事業主との境界線。

 

この本を読んでから、僕の人生レベルの価値観

にパラダイムシフトが起き始めましたね。

 

今まで、学生にしては収入も多かったけど、

自分の稼ぎ方って2の個人事業主に近い。

 

自分の足を使って営業していくので、

体壊したらそれで収入は途絶えるし、

1日に自分が接客できるお客さんの数

がそのまま収入のアッパーになる。

 

だから、収入ってあるところで頭打ちになる。

 

この時初めて、

 

『時間の限界=収入の限界』となるビジネス

をしてしまっている事に気付いたんですね。

 

しかも、自分自身が働き続ける事が前提で、

営業に行かなくなったら収入が途絶えるので、

永遠に労働呪縛からは逃れられない。

結局、自由とは程遠い事にも気付きました。

 

これは収入の大きさではなく、

採用するビジネスモデルに着眼する

というすごく新しい視点でしたね。

 

“ビジネス”をとにかく意識し始めるように

 

『金持ち父さん、貧乏父さん』に出会ってから、

とにかくビジネスで稼げるようになろう!!って

マインドが芽生え始めます。

 

この頃から、ネットを使っていわゆる“稼ぐ系”

の情報収集をコツコツとはじめ、ビジネスに対する

アンテナを張りめぐらせる事になります。

 

ポイントサイトで月1万円稼ぐようになる。

 

で、この頃はとにかく右も左も分からなくて、

ガムシャラにビジネスらしき事をしてました。

 

ヤフオクで不要になった本とか服を

出品して売り上げを上げたりとか、

BUYMAというサイトで物販したりとか。

 

ただ、これは全然ダメ。

全く成果出ずでしたね。

 

ヤフオクは少しだけ服が売れましたが、

BUYMAの転売は1円も成果出ずでしたね。

 

まあ今思えば完全に我流で、

意味不明な事していたので当然です。

この時は必死でしたけどね。

 

で、その後に目を付けたのが、

“ポイントサイト”を使ったビジネス。

 

これはポイントサイト経由で商品やサービスを

購入した場合ポイントをもらえて、

貰ったポイントを現金に交換できるってビジネスですね。

 

これをTwitterとかで紹介したり、

リアルで友達とかに紹介する事で、

紹介ポイントみたいなものを稼いでました。

 

これは比較的うまくいきました。

当時で月収1万円ぐらい。

 

いや、たったの1万かい!!!!って思うかもですが、

当時の僕は組織からもらう給料以外からお金を

稼ぐって事を出来なかった人間なので、衝撃的な事。

 

ビジネスの場合、0と1の差は雲泥の差です。

『0→1』が最初の関門で、ここで挫折する人が、

9割以上というのが実態でもあるわけです。

 

ただ、成果こそ出たものの、

この時自分の中ではやはり“モヤモヤ”が。

 

それは、“稼ぐ仕組み”を持っている

とは到底呼べない状態だったからです。

 

ポイントサイト紹介にしても、

結局友達に頼んで登録してもらったり

していたので、これは完全にイカサマ。

 

頼める友達が尽きれば、そこで終わる。

結局そういう事になると、

ビジネスオーナーとは呼べない訳ですからね。

 

僕がビジネスで『0→1』を達成しても、

満足出来なかった最大の理由が、

一切“レバレッジが効いていない”こと。

 

ヤフオクで服を転売したり、

友達にポイントサイトを紹介するのは、

結局やっている事は労働そのものです。

 

最初は金持ち父さんに従い、

ビジネスオーナーを目指してましたが、

ビジネスをするって所しか合っていなくて、

訪問販売時代と同じく個人事業主という領域

を全く抜けれていなかったんですよね。

 

結局自分が必死になって働いてお金を稼ぐ、

このモデルを変えられていなかったって事。

 

今から思い返せば、そもそも取り組むジャンルを

選定する段階でもっと考えるべきでしたよね。

 

ヤフオク転売って結局レバレッジ効かないので、

どこまでいっても個人事業主の領域ですから。

これは、ビジネスモデルの問題で、

これを選んだ時点で僕は負けていましたね。

 

有名な漫画の“カイジ”で、

 

『勝つべくして勝つのが王の道、王は負ける戦はしない』ってありますが、

 

これは『選択』というものの重要性を表していて、

いかに頑張るかも大事ですが、何を選択するのか

で勝負がある程度決まっているって事になりますね。

 

その辺りから、“ビジネスモデル”っていうものに

徐々に意識を向け出して、稼ぐ仕組み構築が

できるビジネスを探し始めるようになります。

 

アフィリエイトを超えるビジネスモデルってないよね??

 

またしても情報収集に明け暮れる訳ですが、

この時出会ったのが1本の無料動画でした。

 

たまたまYoutubeでサーチしている中で、

あの有名な与沢翼さんがアフィリエイトに関して

解説している動画に出会う事になります。

 

僕は、そのプレゼンを聞く中で、

アフィリエイトというビジネスモデルって、

まさしく自分が求めていたものだ!!って、

そう直感した事を鮮明に覚えてます。

 

なんとなくこの時、自分がこれから

成功していくだろうなってセルフイメージ

を漠然と持ち始めるようになります。

 

当時、なぜ僕がこれほどにも

アフィリエイトに惹かれたかと言えば、

それは圧倒的に“自動化”ができるから。

 

僕がこの時求めていたものは、

自分の代わりに動いてくれる仕組みそのもの。

自分が動かなくても報酬をもたらす仕組み。

 

アフィリエイトっていうのは、

一旦ネット上にサイトを作成してしまい、

検索エンジンやSNSから集客をかけて、

メルマガでセールスをするビジネス。

 

これは一度作ってしまえば半永久的に

コンテンツが残るので、それが収益を

もたらし続けるというのは理論的にはその通り。

 

youtubeとかの動画をアップしておいて、

そこで集客した人をサイトに誘導して、

メルマガに登録していただければ、

後は自動で配信されるメールがセールスまで完結する。

 

集客も一度作ったコンテンツが勝手に行うし、

セールスだってメルマガが勝手にやります。

自分がやることはかなり限られる。

 

定期的にコンテンツを増やして集客の入り口を広げ、

週に1回ぐらいメルマガを書いていけばいいだけ。

 

これは僕が追求していたビジネスモデルで、

自分の時間の限界に収益が左右されない。

何人でも集客して、何件で販売できるから、

1日の収入にアッパーは一切ない。

 

しかも、従業員を雇う必要もなく、

自分1人で完成させることもできます。

 

このビジネスをマスターする事は、

どう考えても人生で必修科目だ!!って、

当時そんなことを考え、覚醒してましたね。笑

 

待ち受けるのは”数々の挫折”

 

アフィリエイトを知ってからは、

無料ブログを速攻で開設して、

よしやるぞ!!!って感じでしたね。

 

ただ、やる気は満ち溢れているんですが、

とあることにここで気付きます。

 

『うん、何を書いていいのかさっぱり分からん。』

 

当時、ブログを作ったまではよかったんですが、

いざコンテンツを作ろうと思っても、

何を書いたらいいのかなんて全く分からない状態でしたね。

 

それでも何か書かないと!!って思いながら、

適当に記事を書くんですが、クソみたいな内容

だったので、恥ずかしくなってすぐ消したりとか

の繰り返しでしたね。

 

当然報酬が発生するわけもなく、

何だアフィリエイトって稼げないじゃん!!

って心を打ち砕かれることになる。

 

アフィリエイトのビジネスモデルに感動していた分、

稼げない現実に直面した時の感情の起伏はデカかった。

 

騙されることは覚悟のうえ、1つ教材を購入

 

全然稼げない時期を過ごす中で、

何度か諦めようとも思いましたが、

やっぱりここで逃げるのはできなかった。

 

シンプルに“ダサい”から。

もう、意地になっていましたね。

 

そこで、もっと本腰を入れてやろう!!

って思い始めてから、1つの教材を購入。

 

その時買ったのが

『新世界アフィリエイト』です。

 

ただですね、これ購入する前に相当考えた。

 

いや、これ普通の感覚を持っている人であれば、

情報教材のセールスページって、

どう考えても怪しさMAXじゃないですか。

 

『誰でも月収〇〇円稼げます!!』

『今年一番稼げるノウハウは〇〇』とか、

 

こんなのどう考えても怪しい。

買う奴どんだけアホなんだって思いますよね。

それ、真っ当な感覚ですよ。

 

ただ、アフィリエイトって結構新しいビジネスモデルで、

正直ノウハウ本とかもあまり出ていないです。

 

だから、情報教材だけが唯一の情報源。

 

そういうところもあり、もう騙されてもいいや

って吹っ切れた思いで1つ購入を決意しましたね。

 

他の人のブログとかを見ていても、

比較的に評価が高くて、

セールスページがあまり派手すぎない

って理由から、『新世界アフィリエイト』をチョイス。

 

で、2万する教材をポチって、

早速中身を読んでみると、、、

 

『ん、、、、これクオリティ高くないか??』

 

こう感じたんですよね。

本当の話です。

 

新世界アフィリエイトって、

メルマガとコピーラーティングに

すごく精通している教材で、

 

どういう文章を書くと人の心を揺さぶり、

そして収益化まで持っていけるのかを、

かなり学問的に記載してあります。

 

今まで文章を書くのが苦痛だって感じてましたが、

新世界アフィリエイトで学んだことによって、

ライティングそのもののスタイルが

ガラッと変わりましたからね。

 

この時思ったのは、

情報教材って胡散臭さ満開だけど、

ここまでのクオリティがあるのなら、

学ばないのは勿体ないって初めて思いましたね。

 

それと同時にこの業界の未来は明るい、

そんなこともうっすら感じてました。

 

で、新世界アフィリエイトを買ったんですが、

これはあくまで“書く技術”に特化していたので、

サイト作成とかそういうことを書いていなかったから、

追加で教材を買い足すことにしました。

 

次に購入したのは、

ルレアアンリミテッドアフィリエイト

2つ一気に購入しましたね。

 

新世界アフィリエイトのおかげで、

教材に対するイメージがガラッと変わっていたので、

ここは抵抗がもうありませんでした。

 

ルレアは物販アフィリエイト、

アンリミは情報教材アフィリエイト

に対する王道の教科書って位置づけです。

 

で、中身を見たんですが、

正直期待をはるかに超える内容でしたね。

 

とりあえず1通り読んで、

ルレアのロジックの“ミドルレンジ”

アンリミの”キラーページ”ってのを使い、

書籍アフィリエイトをスタート。

 

金額的にはすごく少額でしたが、

最初の月は800円ぐらいの報酬発生。

A8ネットというASP経由で楽天アフィリ
をしながら収益をあげていきました。

 

その後は昔1万稼いだ事のある、

ポイントサイトのアフィリエイトに参入。

 

これはルレアのロングレンジ戦略と、

新世界アフィリエイトのメルマガロジックを

併用させて収益をあげることに成功。

 

スクリーンショット_2017-07-09_14_14_14

その後も報酬は増え続け、

気付いたら累計でも700万超え。

 

スクリーンショット_2017-07-08_19_46_37

 

この報酬は増え続けています。

 

他にもメール1通で35万以上稼ぐという、

昔胡散臭いと思っていたセールスレター通り

の結果を出すこともできるようになります。

 

スクリーンショット_2017-07-08_19_54_22

 

はっきり言ってここまで成果が出るとは、

イメージできていなかったんですが、

ちゃんと学んで、ちゃんと実践すれば、

アフィリエイトは稼げるって確信しています。

 

京大卒ニートとの出会いが僕の今後の方向性を決める

 

アフィリエイトで稼げるようになってからは、

いわゆる”経済的自由”の状態になりました。

 

で、まあ結構“暇”になるんですけど、

そうなると無駄に読書量が増えるんですよね。

 

そして1冊の書籍に出会うことに。

 

それが『ニートの歩き方』という、

京大卒ニートphaさんの著書です。

 

ニートの歩き方 お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用 [ pha ]

価格:1,706円

 

そういえば新世界アフィリエイトの

新田さんも京大でしたけど、

京大生ってぶっ飛んでいる人多すぎますね。笑

 

phaさんって何冊か本出していますが、

最初から主張は一切ぶれていなくて、

 

『人間は働くために生きているのか?』

 

という冒頭の一文から始まり、

 

『人間はちゃんと会社に勤めて真面目に働いて結婚して幸せな家庭を作るのが当たり前の生き方だ』

 

という社会の暗黙のルールに疑問を投げかけ、

一般的に“これすべき”と決められていること

なんか一切気にせずに生きればいい。

死なない程度にね。って主張です。

 

社会不適合とはこのことですが、

僕は完全に同意しながら本を読んでましたね。笑

 

思い返せば学生時代を振り返っても、

はっきり言って学校とか好きじゃなかった。

 

不登校になったことは別にないけど、

行きたいって自発的に思ったことは一度もない。

 

学校行事の体育祭とか文化祭とか、

全く行きたくなかったし、

クラス全員でやりましょうみたいな

強制感も嫌いだったな〜

 

体育祭とか文化祭を批判しているんじゃなくて

やりたい人だけでやればよくて、

クラス全員とかいう強制参加制度が

本当に意味不明。

 

今思えば、学校組織っていうのは、

会社員という名の指示待ち人間を

製造する工場みたいなもので、

会社員として必要な協調生を訓練する場。

 

そして十分な軍隊教育を受けた人間は、

無事企業に納品されるというのが日本の文化。

 

そしてそれが社会の暗黙のルール。

まあ、完全に洗脳ですが。笑

 

こういう文化に馴染めないphaさんや、

僕のような人間の特徴としては、

 

・集団行動に耐えられない

・協調生の欠片もない

・組織に所属することに吐き気がする

 

っていう共通の事項があって、

こういう人間は会社員になると、

人生に絶望するんですよね。笑

 

ただ、シンプルに思うのは、

学校教育からスタートする、

いわゆる会社員育成のための、

歪んだ価値観に疑問を持つべきってこと。

 

これがphaさんや僕が思ところです。

 

そもそも協調生を重んじるってことは、

ある意味我慢の強制です。

 

普通に考えて嫌に決まっている。

 

それを長きに渡る学校教育と、

会社による洗脳によって

思考が搾取されていくわけです。

 

クレイジーすぎる。笑

 

そしてこれを当たり前って思う人間が、

周囲の人間に”強制”を働きかけ、

そこに抗うものを批判して正義感を出す。

 

それが会社組織の実態だし、

やっぱり本音レベルでは嫌なはず。

多分そっちが人間らしい本音だと思う。

 

で、僕が伝えたいことは、

ある意味社会で決められていることに対して疑問を持っている、

まだ洗脳未完了な人間に対して役立つ情報を発信したいってこと。

 

ただ、シンプルに嫌なら仕事辞めろって事じゃなく、

具体的にどうしたら本音で生きていけるのかって、

そういうテーマで情報発信をしていきたい。

 

まあ、現実的な事を言っちゃうと、

結局『自力で稼ぐ術』がないとどうしようもないので、

アフィリエイトのスキルは身につけておこうね

ってのが僕が提供できるソリューション。

 

僕はお金よりも時間と自由が大事なので、

ギラギラのブランディングをして、

あなたを稼がせますとかは言いません。

それは資本主義に洗脳されてる。

 

だけど、闇金ウシジマくんのこの名言は覚えておくべき。

 

『金が全てじゃないけど、全ての事には金がいる。』

 

会社員が嫌、組織が嫌、

それで結構です。

 

だけど、その自由を貫きたいなら、

“自力でお金を稼ぐ”事からは逃げれない。

そのために、戦う力をマスターしようね!!

っていうのがこのサイトのコンセプト。

 

僕は運良く月収100万超えとかしてますが、

別に自由に生きていくだけなら月収20万

とかを組織に依存しないカタチで稼げれば、

それだけで色々解放されます。

 

そこを目指すってのでも全然あり。

 

僕は昔から持論があって、
『お金持ちよりも時間持ち』って事。

 

多くの人は多かれ少なかれお金を稼ぐために

ほとんどの時間を費やしてますが、

本当にそれは勿体ない。

 

時間はお金で買い戻せないから。

 

だから、少なくても自分が生活していく

ために必要なお金を生み出すために、

アフィリエイトという自動化が可能なビジネス

をマスターして欲しいなって本当に思う。

 

最低限のお金が自動化収入で稼げれば、

余った時間は自分の思い通りになります。

 

そこで働きたいなって思ったら、

別に働いたっていいし、

辞めたくなったら別にやめたっていいと思う。

 

旅行大好きなら世界一周してもいいし、

子供が好きならもっと子供のために時間

を使ってあげればいいよねって思う。

 

僕なんかはまだ実現させていないけど、

人に教えるって事は昔から好きだから、

塾講師とかを単発でやりたいなって感じ。

もうお金目的とかじゃなくて遊び感覚で。

 

月収100万自動収入であるのに、

それでも日雇い労働をするってのも、

これまた面白いな〜って。

 

資本主義に生まれたからがっつり稼がないと

って思うのは、これは洗脳でしかないけど、

お金があるから一切仕事しなくなるってのも、

それはそれでお金に洗脳されていて

自由な発想じゃないですしね。

 

やりたい時に、やりたい事ができる。

自分の自由な時間を沢山保有する

“時間持ち”こそが僕のサイトが目指す先です。

 

こういうところに共感できる方は、

今後ともよろしくお願いします。

 

ではでは。