Google様の逆鱗に触れ、ビジネスが二度と出来なくなった知り合いの話

友達に頼み、アドセンス広告を踏ませまくりアドセンスアカウント停止

 

どうも、ヒカルです。

 

今回はちょっと昔話と、ビジネスマインドについて。

 

僕の知り合いで、昔アフィリエイトに取り組んでいた人がいるのですが、

彼はまず無料ブログを作成し、そこに適当に文字を打ち込み、

アドセンス広告を貼って、それを友達に頼んで数十回クリックさせ、

アドセンス報酬を得ようとしてました。

 

当時本人はそれで数千円の収益が発生したので、

ものすごく喜んでいたのですが、

その直後にGoogleからとある通知が来ました。

 

そうです、” アドセンスアカウント停止処分”です。

 

ビジネス思考が全く無いとこうなる。

 

今回のこのようなケースというのは、

実際のところ彼だけでなく、何人もそのように不正を働いて、

結果アカウントを停止させられています。

 

このような事案を聞いて、あなたはどう考えますか?

 

僕が最も思うことは、

ビジネスをやる人間の思考が一切無いんだな。

ということです。

 

こういう人が多いのは本当に残念です。

 

アドセンスで収益を出すことの本質は、

Googleと広告主への貢献です。

その貢献に対しての“ありがとう”の気持ちこそが、まさにアドセンスの収益です。

 

広告主はからは消費者に自社商品をアピールするきっかけを作ってくれたことに、

Google社からは、広告主に価値提供する手助けをしてくれたことに、

それぞれ感謝されるのでコンテンツ提供者に報酬が発生するのが商売。

 

ビジネスの基本的な原則です。

 

しかし、僕の知り合いは全くそのような視点がなく、

アドセンスアフィリエイトを、

『ポチポチすればお小遣いが貰える遊び』ぐらいの認識しかできていなかった。

 

アフィリエイトは完全な“ビジネス”です。

 

アドセンスアフィリエイトをするということは、

Google社と“業務提携”をして、

広告主、Google社に対して+になることをする代わりに、報酬を受け取るという事。

 

普通はまっとうな感覚でビジネスに取り組めば、

意図的にアドセンス広告をポチポチさせる行為が、

まるで無価値な行為だと分かるはず。

 

広告主は無駄な広告費を払わせられ、

Google社は広告主に対して合わせる顔がありません。

 

結局、広告主とGoogle社という“ビジネスパートナー”に対して、

背信的な行為をして、自分だけが儲けようと考える思考では、

絶対にビジネスは続かないのです。

 

そして、普通に考えれば、

Google社がそのような不正を見過ごすわけないです。

 

アフィリエイトビジネスを営む身として、

このような人が多いのは、本当に虚しいのですが、

原因はたった一つで、

“アフィリエイトをビジネスだと捉えている人が少ない”

ということです。

 

これは業界全体の大きな課題なのですが、

何よりもビジネス思考を身につけなままアフィリエイトに参入しても、

このようにビジネスが失敗することになることを理解すべきです。

 

ちなみにですが他にも知り合いで、

Twitterでアフィリエイトをしていた人がいて、

同じく迷惑行為をして、Twitterのアカウントを凍結された人がいます。

 

彼は、Twitterのアカウントを大量に作って、

無理矢理フォローしまくったり、芸能人のようなフォロワーが多い人に対して返信をして、

無理矢理人目につくようにするなどして、セールスを流しまくりました。

 

これも、完全なるスパム行為なのですが、

どう考えてもビジネス思考が欠如しています。

 

Twitterという無料のプラットフォームを利用させてもらうからには、

プラットフォーム提供者に配慮するのは当然です。

 

スパム行為をすれば、

それだけTwitterの利用者が不快な思いになり、

ユーザ離れが起きます。

 

そうなれば、Twitterに広告を出稿してくれるスポンサーがいなくなり、

Twitterは運営できなくなってしまいます。

 

当然Twitterサイドがそのような事態を避けるために、

スパム行為を繰り返すアカウントを排除するに決まっているのですが、

彼はそうなるとは思っていなかったみたいです。

 

以前も書いたのですが、

報酬とは『ありがとうの対価』です。

 

それは消費者からのありがとうでもあり、

広告主からのありがとうでもあり、

プラットフォーム運営者からのありがとうでもあります。

 

報酬というのは、誰かに感謝されない限り発生しないのです。

それがビジネスの本質です。

 

その条件を満たしていないビジネスモデルは、結局詐欺かスパムです。

どちらも一瞬でマーケットから締め出されます。

そもそもビジネスと呼べない。

 

改めて”経営者思考”の人間を排出したいと思う。

 

さて、ここで当サイトの読者さんに伝えたいのは、

アフィリエイトをされるのであれば、

“経営者思考”をきっちり持っていただきたいということです。

 

アフィリエイトは列記とした”ビジネス”です。

決して画面をポチポチしたり、迷惑行為を繰り返して、

誰かをカモにして自分だけ儲かるなんてことはありえないのです。

 

当サイトでは、資産構築型サイトを推奨していますが、

ビジネスの本質を理解すればするほど、資産価値のあるサイトを作成すれば、

あなたの収益が雪だるま式に増えることはイメージできるはずです。

 

アフィリエイト報酬が誰かに感謝されることで生まれるのであれば、

人から感謝されるメディアを全力で作ることが全てです。

 

本気で価値のある情報が詰まったメディアであれば、

広告主も喜びますし、Google社からの評価も上がります。

そうすれば、SEO効果も出てきます。

 

よくテクニックでSEO上位表示させようとする人がいますが、

これも本物のビジネス思考とはかけ離れた行動です。

 

基本的にビジネスマインド、経営者マインドがあれば、

本当に自分自身がしなければいけないのは、

いかに人から感謝される、価値あるコンテンツを作るかにフォーカスすることである、

そう気付けるはずです。

 

ビジネスはマインドでほとんど決まりますので、

日々経営者マインドを育成するための訓練はとても大事です。

 

ではでは。

スポンサードリンク
無料メルマガ講座

webビジネスの本物が学べる無料講座




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です