会社を捨てる決断を。

One Piece 名シーンより。

 

どうも。

 

ちょっと今日は、会社という“組織”に属し、

人生を過ごすということについての考察。

 

これについては、アニメ『ONE PIECE』のとあるワンシーンが凄くためになります。

ONE PIECE知らないって人でも、

一瞬で内容把握できる短編動画なので、

ちょっとお試しに視聴してみてください。

 

これは、空島っていう空の島に存在する神(エネル)が、

空島そのものを破壊しようと計画し、そのことを知った女性(コニス)が

島の住人にそのことを告げた時の島の住人の反応と、

それを受けてコニスが住人に伝えた一言をまとめたものです。

 

1分50秒ぐらいから見てください。

 

 

ちょっと要点を整理します。

 

まず、コニスが住民に対して、

国が滅ぼされるから、早く避難を!!

と呼びかけた時の住人の反応です。

 

『ちょっと待ってくれよ。そんな事、バカ言うな急に出来るわけが。』

『私たちはこの空で生まれ育ったんですよ、今更。』

『そうだそうだ、大体青海(空島に対して海の上の島)なんて行った事もないんだぞ。暮らしていけるわけないだろ。』

『もしもって事もある。何か奇跡か何かが起きて空島は無くならずに済むかもしれない。』

『そうだな。神(エネル)の気が変わるとか。』

『そうそう、そしたら…』

 

これに対してコニスの一言。

 

私たちが一番よく知っている事は、彼が私たちに“絶望”を与える力を持ってるって事。

そして、その時が目前に迫っているという事。

奇跡なんか待って何になるというんですか?
少なくても、今この国に神なんかいないじゃないですか?

祈る前に、現実から目をつむる前に、
自分自身が出来る事をやらなくちゃ!!

被害者なんだとうずくまっていれば
生きていられた今までとは違う。

動かなければ!!

後から誰かを恨んでも自分の命は守れないんです!!

さあ、“国を捨てる決断”を。

 

このワンシーンを見て、どう思いますか??

ただの漫画のワンシーン。

それだけしか感じないですか??

 

少なくとも僕はもっと考えるべきだと思う。

 

はっきり言えば、今の時代の“会社員”って

まさしくこんな感じだと思います。

 

これだけAIによって仕事が奪われるとか、

労働者の賃金は下落していくとか、年金がもらえなくなるとか言われていて、

明らかに“ヤバイ”ってのは分かってるはず。

 

まさしく、空島が滅ぼされそう。

ってのは直感的に理解はしている状況。

 

だけど、そうはいっても“現状維持”がほとんど。

 

ちょっと待ってくれ、いきなりそんな事言われても、

自分たちには何も出来ない。

⇨だから、今行動しないのは“しょうがない”

 

僕たちは会社員としてずっとやってきた、今更….

⇨だから、今行動しないのは“しょうがない”

 

もしもって事もある。制度が変わるとか。景気がよくなるとか。

⇨だから、今行動しないのは“しょうがない”

 

結局、全部現状維持をしたいっていう内心を、

正当化するための発言ばかり。

 

人間というのは、現状維持をしたがる生き物。

そして、現状維持でいい理由、行動しなくていい理由を、

ものすごーくクリエイティブに考えちゃう天才です。

 

空島の住人が、いろんな意見を言って、

今行動しなくていい理由を並べてましたが、

まさにその典型的な場面って事です。

 

これが“コンフォートゾーン維持作業”です。

 

今の現状が実は一番居心地がいいから、

(だって変わらなくてもいいから)

とにかく現状を維持しようとするために、現状を肯定する理由を一杯考えちゃう原理です。

 

ただ、そこから生まれるものは“ない”

今の延長線上にしか未来を見ないなんて、

それは過去の、そして現在の“奴隷”でしかない。

 

そういう時、コニスの住民への発信を、

もう一回読み返した方がいいです。

国の部分を“会社”に置き換えて読むべき。

 

もう、1つの組織に属して、1つの仕事をして、定年迎えて、

残りは年金で生活とかの時代は、とっくに終わってる。

 

インターネットデバイド社会だからこそ。

 

以前“インターネットデバイド”って話をしました。

要するに、ネットワークを使ってマネタイズ出来る能力を持つ人間と、持たない人間では、

圧倒的な“格差”が生じてしまうよって話。

 

これは、最近出てきたYoutuberなんかが

恐ろしいスピードで成長している事からも顕著なように、

ネットワークを駆使したビジネスは急速に進化してる。

 

これは数年前に比べて、人間が電子機器そのものや、

ネット上のサービスを利用する能力そのものが

急速に上がってきているからだと言いましたね。

 

昔はYoutubeってそこまで流行ってなかった。

 

一つの理由としては、

使い手のスペックが追いついていなかったから

というのがありましたが、今は違う。

 

もはや高齢の方でもYouTube見ますし、

facebookやインスタだってやる時代。

ユーザーはネット上のサービスを使いこなせるように進化しているって事です。

 

だからYoutuberってここまで伸びた。

 

そしてトップYoutuberの年収は5億円です。

そういう時代だって事です。

 

ここから言えるのは、

ネット上のサービスを利用出来るだけじゃダメ。

Youtubeの使い方知ってます、facebook、インスタ使い方知ってます。

 

そんなのは当たり前です。

 

そうじゃなくて、やらないといけないのは、

ネット上のサービスを“活用”して、

自分の収益を生み出す能力を磨く事。

 

これが出来る人間と出来ない人間の格差は開く。

 

実際、僕はネットを使って、たった半年で400万以上の利益を出してます。

いいですか、売り上げじゃなく“利益”です。

これは、僕に能力があったかどうかは別として、ネットだから出来たっていうのが大きい。

 

これをコンビニのフランチャイズ経営でやれ。

なーんて言われても多分無理。

 

つまり、“何をやるのか”って選択は、

それほど大事な事で、

ネットを使う事、これが最もフォーカスすべき事って事です。

 

これから先も、インターネットを活用して収益を上げていく人間と、

それ以外の人の資産の格差ってびっくりするぐらい開く。

それが“インターネットデバイド”

 

ネット上でビジネスをしたり、発信している人を叩いている人がいて、

それは勝手だけど、

確実に“格差”は開いているよって事を伝えたい。

 

そして、僕だったら、他人を叩く前に、

叩かれている人を研究して、どうやって収益を出しているのかを盗む。

与沢翼さんなんか、悪のカリスマみたいに、ボロクソ叩かれてましたけど、学ぶものは大きい。

 

与沢さんを尊敬しましょうとかではないですが、

学ぶところをきっちり学ばないのは損失。

結局批判からは何も生まれないし、批判している人間から学ぶ事は何もない。

 

そうそう、それでこの間、与沢翼さんの公式ブログを読んでいたんですけど、

ぜひあなたにも目を通して欲しい記事が。

 

以下、引用。

 

「時間がある人が勝つ時代」

私の中では成功のあり方みたいなものは超鮮明にあって、今の自分の延長には、無理せずとも大きな未来が描けている。

これは強がりとかではないんだな。

今日はその理由の一要素を簡潔に話したいと思う。いや長くなるかもしれない笑

私が思うに、成功にとって一番重要な資源は、時間だと思っている。

お金が成功に必要だと思われがちだけど、お金はあくまで結果である。最初にお金は要らない。というかあるわけがない。それを作るために時間が必要なのだ。

よく考えて欲しい。

ゼネラルエレクトリックを創業したエジソンは、以下のように述べた。

私は失敗したことがない。

ただ、1万通りの、

うまく行かない方法を

見つけただけだ。

この言葉について、考えよう。

1万通りも上手くいかない方法を試せる人は一体どんな人であろうか?天才?秀才?いや違う。

ただ単に暇な人。忙しい人が1万回も失敗し続けられるであろうか?

私も高等学校というものを3日で辞めたことで時間を作り出した。中学は半分ぐらい行っていない。

結果700万円の貯金を17歳で作ることができ、何より一足先に仕事というものを覚えた。

次いで大学。入学時点から就職活動を完全に放棄していた。そんな発想自体が一ミリもないので、企業説明会など聞いたことも行ったことも興味を持ったこともない。

だから時間があった。そのため起業できた。就活していたら無理であっただろう。

その後も何度も何度も同じことの繰り返しをしてきた。やることは時間を作ること。

海外にいる今もそう、私は毎日暇なんだ。

だから、投資を勉強する時間が山ほどある。素人から始めようと、そりゃあ上手くなる。通常の1年とは訳が違って10年分ぐらいを1年で覚える。

これこそが成功の最大の根拠だと思っている。

忙しいというのは、恐ろしい。私が何よりも恐れている状態。

なぜなら、そこから先がもうなくなるからだ。

例えば、忙しすぎる企業のCEOにまとめて休みを取らせたら、たいていその会社はよくなると思うよ(もちろん空いた時間でいつもはできない価値のあることを成す人に限るが)。

人の成功の最大のハードルは、時間不足。

逆に言えば、社会不適合者は、時間が余るようになる。

なぜなら、社会に適合できる人なら、就職しているはずだからだ。

適合している人こそ、毎日忙しくしているはずなんだ。

私は完全に社会不適合者の一種。でも社会不適合者は実は強い。

先日もFBライブで語ったが、今就職先が決まったなどという話になれば、死にたいと思う。

毎朝定時に起きて、決まった場所に行き、定められた仕事をするなど、自分には耐えられない。死ぬかどうかは分からないけど、本当に死にたい。

そう私は社会不適合者。

会社に勤めることはただただ地獄なんだ。

例えば、会社にいって50万円もらっても時間の大半を失うなら意味がない。

それなら母親に頭を下げて日本の実家に戻り、ニートを始める。生活水準を下げる準備も常にある。それぐらい時間が大事。下手な家に住んで会社勤めてでそれを賄うなら本末転倒。消費→稼得で人生の一部を失う。時間は進化にしか使わない。ラットレースをするなら無職、無給、乞食の方が良い。なぜなら時間があるから。

ニートは時間がある。そのため、また成功できる。

会社勤めでも、もちろん二足のワラジで、上手くこなしていくことはできるだろう。だけど、時間は余計にかかる。それは遠回りなんだ。

私はせっかちだから。

逆にニートなら、この世で最も価値のある時間がふんだんにある。金がなくても時間は必要だ。

そう思うと成功に最も近いのはニートだと言える。

これからの時代は、暇な人が勝つ時代だ。誰が何と言おうと私は確信しているから。このあたりの成功感覚は自分は揺るぎない。

もちろん今成功している人は忙しいことが多いかもしれない。しかし、その忙しくて、とてつもないパフォーマンスを発揮している人の根っこをたどってみると良い。

皆、何かを捨てて、最初に時間を作り出したはずだ。

大企業を作った創業者とかも、社会不適合者と言えばそうなんだよ。

最初は仕事もたいしてない。

暇だから営業周りに行ったんだろう。

暇だから事業計画を書いたんだろう。

暇だから本を読んだり人に会いに行ったり、商品を開発したりしたはずだ。

会社で勤めている人に、営業周りや事業計画なんか書く気力も時間もほとんどない。人はたいてい一つのことしかやれない。やれたとしても中途半端だ。

偉業は無から生まれる。

時間は無そのもの。

今社会で話題のYOUTUBERとかインスタグラマーとかなんかも暇であることは確実。

特にYOUTUBERなんてあの一本の動画を作るのにどれだけ大変か分かるだろうか。やった人しか多分、分からないだろう。

とてもじゃないけど、丸1日暇じゃないと無理なんだ。

その代わり、天井がない世界。究極の結果主義でもあるんだと思う。

これからの時代は、いや、いつの時代も、社会不適合者が社会を変える可能性を持っているし、暇人の中から偉人が生まれることだろう。

もちろん、ここで上げた暇人というのは、あくまで、時間を活かせる人間だけに当てはまる話。

用意された時間をただただ無駄遣いするような人は、社会適合者の働き者よりもさらに厳しい現実が待っている。

さらに、例えば、この投稿を見て、そうか時間なんだと思って、会社を辞めてしまって、本当に死にそうになる人もいるから注意が必要。そう都合よく歯車が回って行かないことも多いし、どれぐらいで形になるのかも不透明。

だから悪いことは言わないから会社は辞めない方が良い。

しかし、私の本心は、ここに書いた通り。

与沢さんの記事はコチラ

 

“時間”というものに対する価値観、

ここには本当に共感するものがある。

一度破産しても、何億も稼いできた人間というのは、学ぶ所が多いです。

 

そして、個人的に気に入っているのが、

一番最後の付け足しフレーズですね。

 

さらに、例えば、この投稿を見て、そうか時間なんだと思って、会社を辞めてしまって、本当に死にそうになる人もいるから注意が必要。そう都合よく歯車が回って行かないことも多いし、どれぐらいで形になるのかも不透明。だから悪いことは言わないから会社は辞めない方が良い。

 

これ、昔のこの人ならこんな事、まず間違いなく言っていない。

色んな経験が思考を変えていくいい例。

 

実際僕もこれは同意見。

 

“アンチ会社員”みたいな事を

バンバン書いていますが、本質は、与沢さんと全く同じ事を思ってます。

 

要するに、会社員の最大のデメリットは、

“時間がない”って事だという本質。

そしてそれが思いの外大きすぎるデメリットで、実は最も大きな“リスク”って事です。

 

だから、はっきり言えば、人生を本気で変えたいのなら、

確実に会社員であるべきではない。

それは、“甘え”でしかない。

 

だけど、こういう事を言うと、

会社辞めたら上手くいくと勘違いする人が必ず出現してしまうのは事実なので、

僕からも改めて言っておきたい。

 

だから悪い事は言わない、会社は辞めないで。
(記事タイトルと真逆の論理で締める辺り。笑)

 

p.s

 

だけど、“今行動しなくていい”って言っているわけじゃない。

会社員でもやれる事はあるから、

最低限の事はしましょうって事です。

 

アフィリエイトでも転売でも投資でも、

何かしら出来る事はあるはず。

そこから逃げるのは“ナシ”で。

 

ではでは。

スポンサードリンク
無料メルマガ講座

webビジネスの本物が学べる無料講座




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です