【ダイレクト出版書籍レビュー】現代広告の心理技術101(ドルー・エリック・ホイットマン)の内容と評価

コピーライティング王道の教科書

 

スクリーンショット 2017-04-15 13.08.58

 

コピーライティングと言えば、
この書籍を越えるものなしです。
冒頭に断言しておくと、
紛れもなく『良書』です。

 

ライティングの技術だけでなく、
“消費者心理”“デザイン(配置や着色)”
に関しても学べる1冊です。

 

“現代広告”というタイトルが付いていますが、
広告を作成する人以外にも、
webメディアを運営する人にとっても有益で、
サイト内の記事構成やデザインに関しても、
ほぼこれ1冊でマスターできます。

 

レビュー記事からマネタイズしたい方必見

 

この書籍を手にとって、
“役に立った”と思える人は、
『レビュー記事によるマネタイズ』
考える方だと思います。

 

サイトメディア運営をしている人にとって、
アフィリエイトは有効なマネタイズ手段ですが、
『どうしたら消費者が買ってくれるのか。』
という“消費者心理”が分かっていないと、
決してあなたのサイトから売り上げが発生することはないです。

 

アフィリエイトビジネスにおいて、
“レビュー記事”というのは、
最も重要だと言われています。

 

消費者は“あなたのレビュー”
読んで気持ちが変わるからです。
レビュー記事の中で、商品への興味が高まり、
そして“購入”というアクションを起こします。

 

逆に言えば、
『消費者にそう思ってもらうための文章力』
がないことには、レビュー記事としての
価値は一切ないと考えるべきです。

 

レビュー記事の質が低いと、
その他の記事の質が良くても、
最終的に販売ができませんので、
サイトメディア運営者としては、
収益が一切上がらないということになります。

 

せっかく普段の記事更新を頑張っても、
肝心のマネタイズに繋がる部分が甘いと、
あなたのビジネスは失敗に終わりますので、
レビュー記事は最高品質に仕上げておく必要
があるのです。

 

それゆえに消費者心理を活用した、
まさに現代のコピーライティングを学ぶことは必須で、
あなたの売り上げにまさに“直結”する学びですので、
効果が現れやすいという点でも、
結構ビジネスの初期段階から取り組むべきです。

 

消費者心理の内容を少し”暴露”

 

コピーライティングというのは、
販売に直結する文章を書く技術ですが、
その原点は人間の“心理”です。
つまり、心理学そのものの学習が必須です。

 

当書籍では“生命の8つの躍動”と称して、
人間の8つの欲求について解説し、
販売したい商品が、その欲求を満たすことを
きっちり証明できれば、
商品は必ず販売できるとしています。

 

8つの欲求のうち、
例えば“できるだけ長生きしたい”というものが紹介されています。
これは、人間の本能的な欲求ですので、
この欲求が実現されることを文章で証明すること、
これこそがコピーライティングの法則です。

 

レビュー記事を書くときでも、
漠然と商品の特徴を紹介をしたり、
ただただ比較をしたりするのではなく、
もっと人間の本能に訴えかける文章を書くべきです。

 

そのときに人間の本能って一体何なのか、
これが分かっていないと、
そこにスポットを当てた文章が書けません。
すると、売り込み色の強い文章や、
ただただ商品を紹介しているだけの記事ができます。

 

そうではなくて、
例えばこの商品は、
あなたの“長生きしたい”という望みを叶えるという点で、
あなたにとって必要なんですよ!!
ということを文章で書き上げることが大事です。

 

人間の8つの欲求に関しては、
書籍の中で確認して、
あなたの販売する(あるいはしたい)商品が、
人間のどの欲求を満たすのか、
きちんと考えながら文章を書くだけでも、
レビュー記事の質は格段に上がります。

 

“キャッチフレーズ”に悩む方へ

 

コピーライティング技術をもっと伸ばしたい!!
と考える方で、結構悩むことの1つに、
“キャッチコピー”をどうするのか?
という悩みがあります。

 

サイトタイトルもそうですし、
LPの“ヘッドライン”の文章など、
そこで読み手の注意をひくコピーを
きっちり書けるのかどうかで、
その後の文章を読んでもらえるかが決まるのです。

 

サイトメディアから収益が上がらない原因の1つに、
文章を最後まで読んでもらえていないことがあります。
どれだけ内容がいい記事でも、
冒頭で読み手の心をキャッチできていないと、
それ以降は読んでもらえません。

 

つまり、サイトメディアというのは、
もう”冒頭のたった数文字”で、
勝負がついてしまっているのが現状です。

 

だからこそ、このキャッチコピーがある程度
しっかりとしたものでないと、
結局売れないサイトメディアになるのです。

 

この書籍で良かったと感じたのは、
ヘッドラインの構成や、
心理的によく効くキーワードなど、
かなりキャッチコピーについて学べる点です。
フレーズの選定等、学ぶことがかなり多かったです。

 

ライティング以外にも販売に役立つスキルが多数紹介されている!!

 

この書籍は、コピーライティングの王道なのは
間違いなしなのですが、
それ以外にも買って良かったと思えたのは、
“その他販売テクニック”にも踏み込んでいる点です。

 

個人的に面白かったのは、
“色の心理学”や、
“価格の心理学”です。

 

どういった色が好まれ、
販売につながりやすいのかのデータ分析や、
人間が価格をどう感じるのか
といった点ついても解説してありました。

 

1冊読み終えてみてから思うことは、
大手や売れている商品の広告というのは、
どれもこの本に書いてあった、
何らかのテクニックを用いているということです。

 

他社(他人)の広告を見ると、
びっくりするぐらいその”狙い”みたいなものが、
理解できるようになりますし、
自分がセールスレターを書くときにも、
かなり役立ちました。

 

僕は3回この本を繰り返し読んでいますが、
紛れもなく良書ですので、
買って1回読んですぐ本棚にしまわず、
常に記事を書くときなどのため、
手元に置いておける“バイブル的存在”にすべきです。

 

ダイレクト出版の書籍は、
ほぼ全て読んでいますが、
紛れもなくBEST3に入る1冊でした。

 

ダイレクト出版返金システムについて

 

『現代広告の心理技術101』に関しては、
ダイレクト出版社という会社の商品です。

 

この出版社には2つ大きな特徴があります。

 

1.普通の本屋では購入できない
2.90日間の返金保証

 

まず、この会社の書籍は直営1本ですので、
本屋さんとかAmazonで探しても、購入不可です。
直接販売元のHPからしか購入できないです。

 

そして、もう一個面白いのが、
“90日間の返金保証”があること。

 

これは、内容に満足できなければ、
90日以内なら全額返金してもらえる
っていう制度です。

 

メールで返金希望を伝えれば、
銀行口座に全額返金されます。

 

なので、気になったらまずは読んでみる。
満足いかなかったら、お金返ってくるし、
お得だよね??って気持ちで読んでみる
といいと思いますよ!!!

 

スポンサードリンク
無料メルマガ講座

webビジネスの本物が学べる無料講座




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です