【IBA】バズリエイトとは?(七星明インターネットビジネスアカデミー)

結局”バズリエイト”ってどゆこと??

 

どうも。

 

今回は最近流行りのビジネスモデル、

“バズリエイト”について書いていきます。

知らない人、誤解しているって人も多いので、

この機会に覚えておくといいでしょう。

 

これはメルマガで有名な、

エキスパートメール社の採用するビジネスモデルで、

エキスパ社HPによると、

 

バズリエイトとは、口コミの性質・特性と、アフィリエイトをかけ合わせた、

新しい形のアフィリエイトシステムです。

 

なーんて記載がしてあって、

 

スクリーンショット 2017-06-17 16.39.19

 

こーんな画像が貼ってある。

うん、ぶっちゃけ分からん。笑

 

ここからは、僕が嚙み砕いて、

誰でも分かるように解説します。

 

まず、従来の“アフィリエイト”と呼ばれるビジネスモデルですが、

これはシンプルに3者モデル。

 

販売主(メーカー)、

紹介者(アフィリエイター)、

購入者の3人のプレイヤーがいて、

 

紹介者は販売主の商品を紹介すれば、

売り上げの一定額を販売主から報酬としてもらえる仕組み。

図にするとこんな感じです。

 

aff.001

 

何度かこのサイトでも言ってますが、アフィリエイトは最高のビジネスモデル。

だって、『時間の限界=収益の限界』

という構造には一切ならないから。

 

あなたの時間の限界(1日24時間)に左右される事なく、売り上げは青天井。

普通のビジネスモデルだと、営業時間とか1日に配送できる数とか縛りがあるので、収益に限界がある。

 

その点アフィリエイトにはそれがなく、

作り上げてきた仕組みが自分の代わりに収益をもたらしてくれる点において、

これ以上素晴らしいビジネスモデルはない。

 

ただ、1点だけ“最大の弱点”がある。

 

それは、月初になると、売り上げが全てリセットされ“0”になる。

1000万稼いでも、翌月は0スタート。

これが、実は結構メンタル的に難点。

 

あ、勿論これはアフィリエイトの弱点というか、

ビジネスって少なからずそういうとこあります。

コンビニ経営でも、運送業でも、月初になれば“0スタート”です。

 

アフィリエイトで、まだ全く稼いだ事がないって人は、

とりあえず目の前の利益を目標にするでしょうが、

ある程度稼いでいる人って、実は次の悩みがある。

 

『来月は売り上げが落ちたらどうしよう』

『自分が取り扱っている商品が終わったら、、』

『安定しないから、法人化できない、、』

 

とかこんな感じの悩みです。

 

まだ、月に1円も稼げていない人でも、

その後こういう悩みに直面する事は、絶対に覚えておいた方がいいでしょう。

 

で、この悩みをうまいこと解決してくれるのが、

“バズリエイト”というビジネスモデルです。

 

要するに“継続報酬”をもたらす仕組み。

 

そもそも、アフィリエイトって、『1回紹介したらそれで終わり』です。

だから、永遠に新規開拓をしないと、

稼ぎ“続ける”って事はできないです。

 

まだ実感はないかもしれないですけど、

新規開拓のコストって結構上がっていて、

とにかく毎月毎月新しいお客さんを見つけるのはぶっちゃけどの業界でもしんどい事です。

 

アフィリエイトもその例外ではない。

 

自動化できている点ではいいですが、

新規顧客が獲れ続けていて初めて自動化した仕組みが生きる事を忘れちゃダメ。

 

で、バズリエイトについてなんですが、

これは要するに最初に紹介した時だけアフィリエイト報酬が手に入るのではなく、

その後も継続的に報酬が手に入る仕組み。

 

なんでかと言うと、

月額課金制のものをアフィリエイトして、

毎月その売り上げの一部を報酬として受け取り続ける事が可能だから。

 

月額制のサービスってイメージ的には、

“学習塾”のようなイメージですね。

 

あれって、入塾したら、その後は毎月“月謝”という形で、

1月単位の利用料金が発生します。

 

実はこれって、経営的には結構安定してて、

月末を迎えて、売り上げは一旦リセットされますが、

それでも退塾されない限り、翌月の利益も月初の段階で確定しているようなものでしょ。

 

だから、塾長としては、毎月月初になって0スタートって感覚はあんまりなくて、

月初に月の売り上げのほとんどを確定させてしまっているようなモノなので、

精神的にはすごく楽ですね。

(勿論、同時に新規開拓もしますが。)

 

で、バズリエイトは、

こういう月額制のモノを紹介して、

報酬も毎月いただこう!!って感時です。

 

単純に学習塾をアフィリエイトして、

塾長から最初の紹介料だけじゃなく、

毎月の月謝の○%を頂くってイメージ。

 

これって結構画期的ですよね。

 

毎月の報酬が安定しない!!

っていうアフィリエイターの悩みを解決しちゃいます。

 

レベル(段階)別アフィリエイト報酬とは??

 

さて、このバズリエイトですが、

実は報酬形態が少し複雑で、

“レベル(段階)別アフィリエイト報酬”

ってのが存在するのが特徴です。

 

通常のアフィリエイトの場合、

販売元、紹介者、購入者の3者しかモデルに組み込まれてないですが、

バズリエイトは3者にとどまらないのが特徴。

 

これは、自分の紹介でサービスを利用している人が、

さらにそのサービスを別の人に紹介した場合、

またそこでアフィリエイト報酬が発生しちゃいます。

 

実は、インフォトップなどでも、

“2ティア報酬”って仕組みはあるんですが、

これは紹介の範囲が2段階まで。

 

つまり、自分の紹介で教材を購入した人が、誰かに紹介したら報酬になるけど、

その誰かがまた別の誰かに紹介しても、自分には報酬は1円も入ってこないという事です。

 

ただ、バズリエイトの場合だと、

最大で10段階まで紹介の恩恵は及びます。

 

実はこれって紹介者的にも、購入者的にもメリットになります。

 

だって要するに、自分の紹介でサービスを利用している人が

より優秀な紹介者に育ってくれれば、自分にとってはかなりメリット。

だから、一生懸命“育てたい”って気持ちになる。

 

今までのインフォトップの特典制度でも、

確かに同じように特典によって、購入者をしっかり育てていくってことはできますが、

あれは“渡し切り”ですよね。

 

だから、1回特典を渡して仕舞えば、

それで購入者との関係は途絶えちゃう。

 

だから、煽るだけ煽っておいて、

適当な特典を配布して終了って人も、実際に山程存在します。

 

ただ、バズリエイトの場合そうはいかない。

 

そもそも、このモデルは、

自分の紹介でサービスを使っている人が、

“使い続ける”事で初めて意味があります。

 

途中で解約されてしまっては意味がない。

 

だから、自分の紹介で入ってくれた人を、

是が非でも稼がせていかなければダメ。

 

今までみたいに、中途半端な特典で、煽るだけ煽って、

売って終わりみたいなやり方は一切通用しなくなってしまう訳です。

だから、購入者としても安心できる。

 

それに何より、これってチームプレイ。

自分のチームみたいな感じで、

チームのメンバーを育てていくって醍醐味もある。

 

ネットビジネスを全うにやっていて、

本気で悩んでいる人の悩みを解決したいって気持ちで取り組んでいるコンサルには、

最高のビジネスモデルです。

 

途中で止められては意味がないので、

偽物とか詐欺的手法を使ったローンチ屋は、

参入するメリットが薄いので、結構いい。

 

おいおい、それってア○ウェイと同じじゃないの??

 

で、ここまで解説すると、

それって『ア○ウェイ』と同じじゃないの??

って質問が飛んできそうなので、答えておきます。

 

amway

 

アムウェイ(もう隠す気ない。笑)ってのは、

多分ネットワークビジネスの最大手。

知っている人も多いと思います。

 

僕も昔しつこいぐらい勧誘されました。

変なパーティ呼ばれて、タワーマンジョン呼ばれ、

アムウェイで自由になろう!!みたいな勧誘。

 

ビジネス的には、

“DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)”

が上手にできているので、学ぶ価値はありました。笑

 

で、このアムウェイですが、

ご存知かも知れませんが、かなり評判が悪いです。

 

まあ、マーケティングが明らさまなのと、

何よりやってる人が宗教ぽくてホラーってのが理由でもあるんですが、

そういう感情論意外にも、ビジネスモデルとして決定的によくないからです。

 

というのも、アムウェイのビジネスモデルだと、

後から参入してくる人間に旨味がないです。

 

アムウェイのビジネスモデルって、図にするとこんな感じです。

 

am.001

 

まず、元締めにAmway本社があり、

そこで1万の商品があるとします。

(分かりやすく全て利益と仮定)

 

まず、Bさんを見て欲しいんですけど、

このケースではCさんに紹介したとします。

じゃあ、ここでCさんが支払った1万円が、どうやって分配されるかを考えます。

 

まず、メーカーであり元締めのAmwayが、2000円の報酬を得ます。

 

問題はこの後で、残った8000円をどう配分するのかってことなんですが、これはAとBで分ける。

配分方法がどうなってるかは、詳しく僕も知らないですが、

例えば、Aさん5000円、Bさん3000円みたいな感じかな?

 

あんまりアムウェイ知らないので、

Aさん3000円、Bさん5000円かも知れません。

ただ、今回そこの配分率はどうでもいいです。

 

じゃあ次に、Dさんを見てください。

これはAさんの紹介で商品を購入したケース。

 

Dさんが支払った1万円がどう配分されるのかを見ていきたいのですが、

まずは元締めのアムウェイ本社が2000円の報酬です。

 

で、残り8000円の配分ですが、

これはAさん以外にいませんので、全てAさんが報酬として受け取ります。

 

で、ここで疑問に思って欲しいのは、

最初のケースのBさんが受け取る報酬と、

今回のAさんが受け取る報酬が違うってこと。

 

ここがポイントです。

 

そもそも、どっちのケースでも、

1人を紹介してるっていうのは一緒

だから、市場価値としては同じはず。

 

なのに、“報酬に差”が出る。

 

これがアムウェイビジネスの糞なとこで、

結局ピラミッドの頂点に近いところにいないと、

同じことをしても報酬が低いってこと。

 

最初の事例でBさんの報酬が、

5000円か3000円かどっちでもいいと言ったのは、

少なくても8000円より少ないから。

 

1人紹介して8000円稼ぐAさんに比べ、

同じく1人紹介しても8000以下の報酬のBさん。

この差こそが、このモデルの糞なところ。

 

こんなのはピラミッドの下になればなるほど、

抜かれる人が多くなっていき、

1人紹介した時にもらえる報酬は下がっていく。

 

僕がアムウェイに勧誘された時、最も嫌だったのはここです。

やっている人間とか、評判とかの感情論ではなく、

シンプルに旨味がなかったから。

 

だからもし、アムウェイが出来てすぐで、

自分がピラミッドのほぼ頂点だったら、もしかしたらやっていたかもしれません。

そこに旨味がある訳なので。

 

で、アムウェイのビジネスモデルは置いといて、

じゃあバズリエイトってアムウェイとどう違う??

ってのを最後に解説しておきます。

 

bb.001

 

まず、大前提としてですが、

バズリエイトは“アフィリエイト”だってこと。

 

アフィリエイトは、紹介者によって報酬率が異なるってことは基本ありえません。

(特単とかは除く。)

 

だから、アフィリエイトって、

純粋にビジネスモデルから判断すれば、後発組が不利ってことにはならない。

いつ参入しても、報酬率が変わらないからです。

(勿論、SEOとかで不利にはなりますが。)

 

で、バズリエイトもアフィリエイトなので、

紹介者によって報酬が変わるというのはない。

 

例えば、上の図だと、AさんがDさんに紹介する時と、

BさんがCさんに紹介する時で、報酬が変わることはない。

6000円なら、そこは6000円です。

 

で、何度も言いますがバズリエイトは、アフィリエイトですので、

販売元の、エキスパ本社にも一定の利益が入る。

ここでは、一律2000円とします。

 

で、この後がバズリエイトの面白い所。

 

じゃあ、BさんがCさんに紹介したケースをもう一度考えて欲しいのですが、

まずエキスパが2000円、Bさんが6000円なので、

この段階では2000円が宙に浮いています。

 

この2000円をどうするのかというと、

これは参加者全員で山分けしちゃいます。

これ、ポイントは参加者“全員”ってとこ。

つまり、Cさんもその対象だってことです。

 

このケースでは、AもBもCもDも、右側の人達も全員に配分されます。

勿論貢献度によって配分率は違うので、

たくさん紹介している人に多く配分されます。

 

これは、AさんがDさんに紹介しても同じで、

まずエキスパが2000円、Aさんが6000円の報酬を獲得した後、

残った2000円を参加者全員で配分していくことになります。

 

やはり、1万払ったDさんも対象だってことです。

 

つまり、これって1人も紹介してなくても、

少しは報酬が発生しちゃうってことです。

(最初から値引きしとけとも思いますが。笑)

 

これが“バズリエイト”です。

結構面白い仕組みですね。

 

アムウェイと典型的に違うのは、基本アフィリエイトなので、

紹介した時の報酬は皆一律だから、後発組とか先発組に差はないってこと。

 

つまり誰でも、ピラミッドの頂点。

(元締めのメーカーは別ですが。)

 

で、現実的にはこんなことは有り得ないですが、

モデル的には、実はこういうことも考えれます。

 

で、バズリエイト型のビジネスモデルで紹介される商品というのは、

『IBA(インターネットビジネスアカデミー)』

というネットビジネスが学べる月額制のコンテンツ。

 

これについては、別の記事でご紹介していきます。

 

ではでは。

スポンサードリンク
無料メルマガ講座

webビジネスの本物が学べる無料講座




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です