ルレア・ショートレンジ戦略はいらない。

どうも。

 

今回は、超ロングセラー教材である、

“ルレアプラス”『ショートレンジ戦略』について。

 

ブログを50個100個と作ってみる??

 

まず、ルレアプラスについてですが、

これは物販アフィリエイト王道教材で、

 

・ショートレンジ戦略

・ミドルレンジ戦略

・ロングレンジ戦略

 

と大きく分けて“3つの戦略”を紹介してます。

 

イメージ的には、

 

まず初心者の人はショートレンジから始め、

徐々にミドル、ロングと進めていく感じです。

 

まずショートレンジ戦略用いて、

アマゾンとか楽天アフィリエイトで

コツコツ月3万ぐらい収益あげて、

 

その後、大型のサイト運営(ミドル・ロング)に移行して、

月収100万とか稼ぐメディアを運営していく

という流れがこの作者の意図。

 

ただ、この一連の流れ自体が、

多くのアフィリエイターを苦しめ、

挫折者を量産しているんですよね。

 

ルレアのショートレンジ戦略ですが、

これは無料ブログを作って、そこに1つの商品、あるいは1つのジャンル

に特化した記事を書いていき、

Amazonや楽天のアフィリエイトリンクから商品を購入してもらおうね

っていう流れを解説しています。

 

ただ、恐ろしいことに、

教材の本文を読んでみると、

 

まずは、ブログを50個100個と作ってみる。

5個ぐらい作成して成果が上がらなければ心が折れる方がいますが、数やらなければ結局何も見えてきません。

 

なーんてことが書いてある。笑

 

“ペラページの量産”にどこまで耐えられる??

 

ルレアのショートレンジ戦略ですが、

これは言ってることは別に間違っていないと思います。

 

というのも、アフィリエイト初心者で、

物販アフィリエイトにチャレンジする場合、

どうしても最初は経験値がない。

 

だから、商品選定やキーワード選定など、

分からないことがとにかく多いです。

 

だからこそ、商品選定の練習や、キーワード選定の練習のために、

一定数の数をこなすことで成長していこうというスタンスはその通り。

 

実際、アフィリエイトを含むネットビジネス

(FXなどの投資や転売も含む)

に参入してくる多くの層は会社員。

 

普段の仕事が辛くて嫌だから、何か別に稼げることはないのか??

って視点で参入してくる人が多くて、

『できるだけ楽して稼ぎたい』ってのが本音。

 

だけど、アフィリエイトは“起業”です。

完全にこれは“ビジネス”です。

 

だから、学ばないといけないことは多いし、

ビジネスである以上答えがなく、実践して

トライアンドエラーを繰り返すのが実態。

 

泥臭さも当然あるわけです。

 

そういう意味では、楽して稼ぎたいという気持ちの人間のマインドセットをするために、

とにかく作業量をこなすことから逃げたらダメって意味で

サイト50個100個作ろうというのはマインド的な側面からは本質をついてます。

 

ただ、あなたに聞きたい。

 

『50個100個のペラページ量産にどこまで耐えられる??』

 

ペラページ(ペラサイト)というのは、

1つのサイトで1つの商品を扱いレビューし、

そこで収益化を狙っていくサイトのこと。

 

それと真逆なのが資産サイトで、大きなジャンルがテーマであり、

1サイト内に複数のコンテンツが仕込んである大型サイト。

 

ショートレンジ戦略では、

前者の“ペラページ”を作りましょう

ということになるんですが、

 

これはひたすら商品選定をして、色んな商品に関する記事を書き、

1テーマ1ブログみたいな感じで、無料ブログを量産していきます。

 

部活でいう完全に1年生の下積み状態で、

球拾いをしまくって、その中で経験を積んじゃいましょう的な。

 

もう一度聞きたいんですけど、

このペラページ量産に対して、

あなたはどこまで耐えられますか??

 

大事なのは結局”本質”だということ。

 

じゃあ、ルレアプラスは詐欺教材で、

ショートレンジ戦略はひたすら下積みの辛い時期を過ごさせる系の

軍隊教育だからゴミなのか??

 

断言します、それは違います。

 

これはこのコンテンツを深く読み込み、

ちゃんと理解できる人しか気づかないですが、

物事には“抽象的な視点”というものが大事になってきます。

 

いわゆる“本質理解”ってこと。

 

物事を斜め上から俯瞰してみる、

鳥の目を持つことが大事です。

 

結局ショートレンジ戦略では、

初心者の人の基礎体力をきっちりつけるために

必要なことを伝えてます。

 

アフィリエイトの場合であれば、

 

・商品選定

・キーワード選定

 

ということがスムーズに出来ないと、

やはり上手くマネタイズは出来ない。

 

だからこそショートレンジ戦略では、

 

売れる商品の探し方とか、

ランキングサイトの活用法、購入に繋がりやすいキーワード選定

といったロジックをちゃんと教えてくれます。

 

例えば、

 

『商標名+最安値』

『商標名+地域』

『商標名+〇〇』

 

みたいに、どういうキーワードを記事、あるいはサイトのタイトル

に持っていくべきか等のノウハウはきっちり提供してくれています。

 

商標名というのは商品の名称のことで、

例えば”脱毛ラボ”ってのも商標名。

 

だから、

 

『脱毛ラボ+最安値』って

キーワードを選定しようねってこと。

 

で、選定したキーワードに対して、

読者が求める答えをできるだけ“早く”教えてあげる記事を作成すべき!!

等のノウハウもしっかり書いてあります。

 

というのも、

 

『脱毛ラボ+最安値』でタイトルを作っているのに、

記事を開くと、脱毛とは何か??

みたいに、脱毛そのものの解説をしている記事があるんですけど、これは最悪。

 

というのも、『脱毛ラボ+最安値』で検索をしている人間というのは、

脱毛についてすでに知っているし、脱毛ラボっていう商品まで知ってる。

 

そこまで知った上で最安値は?

ってことを知りたくて検索をかけてきているわけですから、

そういう人に脱毛そのものの説明は不要。

 

そんな長ったらしい文章は読まれないし、

最安値で購入できるサイトを教えてあげることが

検索ユーザーの悩み解決になる。

 

まあこんな風に検索キーワードに対して、

ユーザーの性質も踏まえながら

どんな記事を書くべきかということを、

色んな角度から教えてくれるのはショートレンジのいいとこ。

 

ただ、これは頭で理解しても、

やっぱり実際の作業をしないとできるようにならないので、

 

50個100個はサイトつくれ!!

アフィリエイトなめんな!!

甘ったれんじゃねぇ!!

 

とショートレンジ戦略では言ってるわけ。

 

ここに本質がある。

 

結局大事なことは、手法の背景にあるビジネス思考そのもので、

検索ユーザーに対してベストな答えを示す記事を

どう書き上げていくのかという思考を身につける。

 

この視点をショートレンジから読み取らずに、

やみくもに50個100個サイトを作り始めると、

ずーっと球拾いして部活動3年間を終えるという悲惨なことになってしまします。

 

大事なのは手法の背後にある“思考”です。

 

ミドル・ロングレンジで活用して欲しい。

 

で、このショートレンジ戦略ですが、

はっきり言えば“実践不要”です。

 

教材に目を通して、手法の背景にある、

ビジネス思考のエッセンスだけ抜ければ

もうそれ以上はいらないです。

 

これは僕の限定特典の中で解説します。

 

あとはそのエッセンスだけ抜き取れば、

その思考法をミドル・ロングレンジ戦略

で実践的に使っていばいいだけのこと。

 

ショートレンジ戦略については、

Amazonや楽天アフィリエイトで

マネタイズしていくわけですが、

 

これはミドルロングレンジ戦略の、

資産サイトにだって活用できます。

 

記事コンテンツの中で、しれっと商品を紹介して、

そこにAmazonや楽天のリンクを乗せておくこともあります。

 

資産サイトはイメージ的に、Amazonや楽天アフィリエイトなどの

報酬単価が低いものをメインとしないんですけど、

時たま記事内に埋め込むのはアリ。

 

ちなみにAmazonや楽天アフィリエイトは、

直接Amazonや楽天に行かなくても、

A8.netというASPだけで行えます。

無料登録できるのでやってみてください。

 

ではでは。

スポンサードリンク
無料メルマガ講座

webビジネスの本物が学べる無料講座




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です