“ウォンツ”をあぶり出す究極の必殺技はこれです。

“ウォンツ”をあぶり出す事がプロモーション成功の鍵

 

どうも、ヒカルです。

 

今回は、新世界アフィリエイトのプロモーションアフィリエイトを

どうやって成功させていくのかについての考察です。

“売れる企画”をどう作り上げていくかって事です。

 

そうそう、僕が新世界アフィリエイト読んでいてすごく共感したのは、

“顕在的な悩みの解決策はほぼ出回っている”から、

あなたが解決してあげなければいけないものはないって主旨の文章。

 

ビジネス=悩み解決

これはもう鉄則なんですけど、

その“悩み”の中でも顕在化されてるものの解決策ってもう決まってるって事。

 

例えば、

ニキビが気になりますって悩みだったら、プロアクティブ使えばいいし、

飲み会予約する場所悩むなら、ぐるなび使えばいいし、

最安値で買いたいなら、価格.com使えばいい。

 

こういう、目に見える、顕在化されてる悩みに対して、

もう解決策っていうのは、世の中に決まったモノがある。

 

だから、プロモーションアフィリエイトで企画作ろうとする時に、

こういう有り触れた悩み解決にしかならない企画はナンセンス。

 

例えば、

“ワードプレスの使い方講座”とか、

“SEO対策特化講座”とか、

“SNSを使った集客方法”とかはアウトです。

 

こんなのは1つ教材買えば全て解決する話。

アンリミとルレアの2個買っておけば、一瞬で解決するレベルです。

こんな有り触れた悩みは、すでに教材が解決してくれる時代です。

 

これは俗に言う“ニーズ”の部分の話なんですが、

顕在化しているこんなニーズを解決しようとしても、

今あるものの互換バージョンにしかならないです。

 

だから、プロモーションアフィリエイトを仕掛けるのなら、

もっと本質的な悩み=ウォンツを解決しないとダメ。

ニーズではなく、ウォンツという概念です。

(本編でもこう表現してあります。)

 

つまり、いかにこのウォンツを解決できる企画を作れるのか、

こういうところを鍛えていく事が成功のポイントって事です。

 

“ウォンツ”を発見する方法は聞く事

 

はい、じゃあこの本質的な、潜在的な悩み、

つまり“ウォンツ”をどうやって見つけ出すのか、

そこについての考察をしていきたいと思います。

 

これは、新世界アフィリエイト流でいけば、

“リストに聞く”

という答えになっていましたね。

 

実際に新世界アフィリエイトの著者の新田さんが、

まだ駆け出しの頃にやられていた方法で、

集めたリストに直接質問していくって手法。

 

Skypeとかで無料で対話して、

実際に話を聞く中で、ウォンツを引き出すというもの。

 

この時に、特に何かを販売しようとするんじゃなくて、

ただひたすら“雑談”をし続けているのがミソです。

ほとんどの人はここで、耐えきれなくなってセールスしちゃいますから。

 

で、このやり方ですが、

僕もビジネス初心者がプロモーションアフィリエイトするなら賛成です。

 

って言うのも、潜在的な悩みであるウォンツなんて、

自分1人の頭の中で考えていてもぶっちゃけ分からない。

仮に思いついても、それが市場が求めるモノかどうかは不明。

 

以前の記事でも書きましたが、

『社会的・経済的価値=人が求める数』

という、武井壮の法則は絶対です。

 

武井壮『人が求める数=価値』の法則にビジネス成功の鍵がある。

2017.07.14

 

だから、あなたが思いついたものが、

市場のウォンツに答えられていなかったら、

それはただの自己満足で終わるという事。

 

そうなっちゃうと、リストに直接聞くって言うのは、

もうウォンツを捉え間違う可能性がかなり低いので、

これは手法としてはかなり有効なものだと思います。

 

もちろん、ある程度ビジネスをやっていて、

なんというかセンスがある人はここまでしなくていいかもしれないです。

 

ただ、その場合でも、

“理想とする未来を打ち立てる”が、

市場が求めるものと合致しているかどうかが最低限の条件です。

 

"自分の理想とする世界を打ち立てる"というプロモーションの土台作り

2017.07.29

 

これは上記の記事の中でも話しましたが、

僕のこのサイトの場合の理想とする未来って、

“お金持ちより、時間持ち”です。

 

だから、この理念みたいなところが、

市場の要求とある程度合致していないと、

企画倒れになり、ローンチが失敗するって事です。

 

実際のところ、僕はこのコンセプトを考えた時、

リストに聞いたかというと、実は聞いてません。

 

ただ、ある程度社会情勢を見ながら考えてます。

 

今の若い人たちって、高級品とかに興味なくなってきているし、

出世とかに興味がある人も少ないって世代じゃないですか。

 

だから、昔みたいに、

“バリバリ働いて稼ぐぞ!!!”

みたいな欲求って、実はかなり少なくなってきている。

 

いい意味で資本主義の洗脳から解かれているなーって感じ。

 

今の時代、そしてこれからの時代って、

もっと自分の自由な時間を多く保有して、

お金に洗脳されていない自分を持ちたいって人は増えるなーって、僕は思った。

 

だから、

“お金持ちより、時間持ち”

ってフレーズがちょうどいいかな?って仮説が立ったって感じです。

 

そして、その解決手段として、

自動化収益モデルが可能なアフィリエイトを提唱する。

これが、プロモーションの流れでもある訳です。

 

多分、アフィリエイトをやる人のほとんどが、

自分が教材を売りたいってのが大前提にあって、

市場の“ウォンツ”なんて、一切考えていない。

 

勿論、僕だってマネタイズはしないと食っていけないので、

確実にどこかのタイミングでセールスをするんですけど、

プロモーションの流れがちゃんとあるってのが違いです。

 

多くの人は、

『これやったら稼げるようになります。』

みたいに、商品のPRばっかりしちゃう。

 

実際に稼いだ先に、どういう未来に向かわせたいのか、

その一つ抽象度の高い次元のリアリティを見せられない。

まあ、自分が売りたいだけでやっているので、当然そうなります。

 

ただ、綺麗事を言ってる訳じゃないですよ。

何度も言いますが、僕もビジネスでやっている以上、売りたいです。

 

だけど、販売者やアフィリエイターに、どれだけ売りたいって思いがあっても、

市場がそれを求めていない限り、決して売れる事はないんだから、

だったら、市場の“ウォンツ”を先にじっくり炙り出そうねって事です。

 

結果的に、それが成功に最も近いやり方だと、僕は信じてます。

 

という事で、今回は以上です。

ではでは。

スポンサードリンク
無料メルマガ講座

webビジネスの本物が学べる無料講座




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です