アンリミのお宝は”販売戦略編”に眠っているよ。

第7章”販売戦略編”について

 

どうも。

 

今回は当サイトでもオススメしている、
アンリミテッドアフィリエイトについてのレビュー。
第7章の“販売戦略編”について。

 

スクリーンショット 2017-06-22 14.55.01

 

この販売戦略編ですが、個人的には
第3章ブログ戦略編とセットで、
“アンリミ2大巨塔”と思っています。

 

それぐらいアフィリエイトの王道を行っていて、
結局稼ぐための方程式はここにある、
読み返すたび、いつもそう思っています。

 

そして僕自身のアフィリエイト戦略でも、
かなり土台となる部分はこの第7章で、
身に付けたものが多いです。

 

第7章販売戦略編では、
第1〜6章までで学んだ基礎知識を使って、
具体的に販売戦略を構築します。

 

イメージ的には“ビジネスモデル”を、
手取り足取り教えている感じですね。

 

これは“アフィリエイトで稼ぐ”という、
すごく抽象度の高い次元から、
具体的にどういうステップで収益を出すのか、
その“稼ぎ方の手法”を明らかにしています。

 

初心者がまずどこから手を付けて、
そして事業拡大をしていくのまで、
めちゃくちゃ“具体的”にステップ化されてます。
ここのクオリティが高い、まあ高い。

 

ハードルの低いものから高いものへの原則

 

まずアンリミの基本的なスタンスは、
初心者からスタートして上級者へと
ステップアップしていくことです。

 

アンリミのロジックは、
まずは無料オファーからスタートし、
着実に実績を作ってから、
物販や情報教材販売へと移行する、
それが大原則になっています。

 

無料オファーってのは、
他人のメルマガを紹介して、
アドレスが入力されると報酬になるアフィリエイト。

 

通常の物販と比較しても、
お金を払っていただくということがなく、
初心者でも極めてハードルが低いジャンルです。

 

失敗する人は、こういう難易度の低いものを飛ばし、
いきなりハードルの高い物販に参入しちゃう。
しかもお金に目がくらんで、高額な案件に。

 

ただ、報酬が高い案件は人気ですから、
それだけライバルも多くなるので、
力のあるアフィリエイターと勝負することになる。
初心者が勝てる訳ないのに、そういう戦いをしちゃう。

 

なので、アンリミではとにかく
最初に初心者が犯しがちなミスを
徹底的に排除していくことに力点がある。

 

このやり方がやっぱり王道で、
最短ルートだと言えます。

 

具体的に無料オファーをどのように
実践していくべきかのロジックを、
きっちり解説してくれてますし、
その後の実績作りまで見越して解説され
ていますので、ここは必見です。

 

そして、ここに関しては、
僕も自分の特典で補足します。

 

特典ではアンリミでは触れられていない、
初心者でも成果が出やすいビジネスを、
もう少し紹介します。

 

無料オファーと、これらを組み合わせれば、
最初から収益をある程度確保出来ます。
上手くやれば月20万ぐらいが現実的に見えます。
ここでは、初期段階ってところに注目して、
初心者がつまずかないことを一番大事にして
オリジナル特典コンテンツを用意しました。

 

僕は無料オファーの1メールだけでも、
過去に35万以上稼いだことがあります。
たった、1メールでです。

 

スクリーンショット 2017-03-29 21.49.47

 

特典では、これらのノウハウもセットで
お伝えしていきます。

 

でですね、アフィリエイトって実は90%以上が、
月に5000円も稼げていないのが現状。

 

これは途中で諦めるとかの、
マインドセットによる問題もありますが、
大きな原因は“我流”ってことです。

 

なんで分からないですが、
アフィリエイトって“自己流”でやる人が多い。

 

受験とかなら塾とか通って、
きっちり教えてもらうのに、
アフィリエイトってなると、
オリジナルで出来ちゃうって思う人が、
なんでか分からないけど多いんですね。

 

ただ、アフィリエイトってのは
ビジネスそのものです。
起業してるのと変わらない。
かなり難しいジャンルってことです。

 

だから覚えておいて欲しいのは、
“自己流は事故る”って原則です。

 

基本勝手に自分のやり方でやっても、
まず間違えなく時間の無駄になるだけ。
金銭的な損失はないでしょうけど、
圧倒的時間の無駄遣いになるだけです。

 

アフィリエイトの成功法則は、
とにかく“型にはめる”こと。
実はたったそれだけ。

 

よく、ビジネスの世界では、
『守破離』って言葉が使われます。

 

これは、型をきっちり固めて、
それをまずは徹底的に守る。
その後に、型を少しづつ破り、
自分らしさを混ぜることで、
一気に爆発的な飛躍を遂げる。

 

“型破り”って言葉もそういう意味。

 

ただ、我流でやろうとする人は、
型がないのに、型を破ろうとしちゃう。
それは型破りでもなんでもない。
ただの“型無し”です。

 

ビジネスってのは、基本をまず学び、
それを徹底的に真似していくことがスタート。
ここをアンリミで徹底的に訓練して欲しいんですね。

 

とにかく”仕込み”を大切にするロジック

 

で、無料オファーからスタートし、
そこで実績を付けた後に、
報酬単価の高い商品にシフトするって
ロジックそのものは完璧に王道で文句無し。

 

ただ、ここまでだと、
なんというか巷に出ているのと差がない。

 

実は僕がアンリミをかなり押しているのは、
そういったビジネスモデルやステップ以上に、
アンリミって“販売に至るまでの流れ”に、
ものすごく重きをおいていることにあります。

 

教材の中で触れられているワードを使えば、
“仕込み”を徹底していくということです。

 

アフィリエイト含め、
ビジネス全てって、
正直“準備”が全てです。

 

準備、つまり“逆算思考”です。

 

例えば無料オファー1つするにしても、
絶対に人によって差が出ますが、
これはオファーをかけるまでの準備、
ここに決定的な差があるからです。

 

アフィリエイトで大事なのは、
販売するノウハウそのものではなく、
販売を仕掛けるまでの過程のノウハウです。

 

多くの教材は、ここが欠けてる。

 

例えば、売れるLP作り方とかで、
確かに心理学的な側面から、
どういうフローで文章を書くと
成約率が上がるのかとか系のノウハウ。

 

これは、ものすごく有力ですが、
商品販売ページのセールス段階までに、
お客さんに“買いたい”って気持ちを
呼び起こしていることが大前提なんですよね。

 

つまりこれは“プロダクトローンチ”のこと。

 

これは“映画ローンチ”が良い例。
映画って、基本的に公開される“前”に、
すでに映画見たいって思うでしょ??

 

あれって巧妙な仕掛けがあって、
例えば映画公開前になると、
映画の出演ゲストがやたらバラエティに出たり、
映画公開前記念パーティーとかしますね。

 

ドラマが映画化されるとか、シリーズものだと、
決まって映画公開前に“再放送”とかします。

 

これは、映画が公開される前に、
お客さんの気持ちを高ぶらせるのが目的。
映画が公開される頃には、テンションMAX。

 

だから、前売りチケットが販売され出すと、
一気に完売しちゃうってカラクリです。

 

これは、販売(ローンチ)される前に、
お客さんに“欲しい”って思わせることが大事。
それがビジネスの真髄でもある。

 

アンリミでは、その仕掛け方にも言及してて、
ここをマスターできれば、月100万も突破出来ます。

 

しかもこのノウハウって、
サイトアフィリでもメルマガでも有効。
だから、一生もののノウハウです。

 

アンリミでは、ビジネスモデルという型を学び、
同時にローンチを成功させるために、
どのような仕掛けや仕込みをサイト内にしておくか、
あるいはメルマガで仕掛けるかを解説してます。

 

ここなんです。
大事なのはとにかくここ。

 

これを学ぶためにこの教材を買う
ぐらいの気持ちの人はきっと上手くいく。

 

少なくとも僕はこの教えに忠実に従い、
この記事を書いている今現在でも、
インフォトップ単体の報酬は660万超え。

 

スクリーンショット 2017-06-22 16.57.43

 

勿論、新世界アフィリエイトや、
ルレアプラス等の他の教材のノウハウも
上手く取り入れながら実践しているから
ってのも理由としてはデカイですけどね。

 

特に新世界アフィリエイトの、
“プロモーションアフィリエイト”は大きい。
あれで収益が爆発してます。

 

イメージ的にはアンリミが全ての土台で、
新世界アフィリエイトでブラッシュアップって感じ。

 

アンリミは僕の土台でもある教材です。
第3章のブログ戦略編と、今回レビューした
第7章の販売戦略編をマスターすれば、
基本的に成果を出すことは十分できます。

 

とにかく“王道を行け”
これが大事です。

 

アンリミはまさしくそのための“教科書”
つまづいたら何度かこの教科書に戻ってくる。
そんなイメージで取り組んでみて欲しいですね。

 

ではでは。

スポンサードリンク
無料メルマガ講座

webビジネスの本物が学べる無料講座




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です