アフィリエイターが最初にやるべきことはどう考えても〇〇です。

まずは徹底的にこれをやること。

 

どうも、ヒカルです。

 

今回は、アフィリエイターが一番最初に取り組むこと。

このテーマで書いていこうと思います。

 

アフィリエイトをビジネスとして捉えていること大前提で書いてますが、

ビジネスをやるとなれば、色んな事をやらなきゃって思うもの。

 

ただ、これに関しては即答したい。

何よりも最優先して欲しいのは、

“コピーライティング”

 

間違えなくこれ1択だなーって思います。

 

確かに、ネットビジネスってくくりでさえ、

PCスキル、マーケティング知識、SEO対策、メルマガ、キーワド選定、、、、、

と、やらなければいけない事を上げだしたら、キリがないレベルです。

 

そして、大体の人はここで心が折れる。

あまりにもやる事が多くて、上手くいくリアリティを感じないから。

こんなにもやる事あるのかー、成果出るの一体いつになるんだー、ってね。

 

だけど、これは間違った発想。

 

ビジネスには確実に“順番”というものがあって、

それを最初に明確にしておけば、初期段階で心が折れる事はない。

 

で、最初にやる事は“コピーライティング”

つまり、書く技術を徹底的に磨くって事。

ここに専念して欲しいと思います、他の事に浮気せずに。

 

アフィリエイトっていうのは、結局最後は販売に繋げます。

それができなければ、ただのボランティア。

そして、アフィリエイトは文章によって人の心を揺さぶるビジネス。

 

だから、“書けない”ってのは一番ダメ。

どれだけPCスキル磨いたり、HTML覚えたり、

SNSで集客するテクニック磨いても、最後のゴールを達成できない。

 

販売するっていう最後のゴールをね。

 

だからこそ、何を差し置いても絶対に“コピーラーティング”

しかも、これは1回学んで終わりってものではなくて、

確実に“学び続ける分野”です。

 

日々アップデートしなきゃいけない系です。

 

学び段階における”具体と抽象”の関係性

 

ここからは、学ぶ段階における普遍法則について。

僕が大学受験時代から今日に至るまでずーっと意識してる事を話します。

 

これは”理解”というものの本質なんですけど、

僕は理解のゴールって言うのは、

最後は『法則の理解』、これに尽きると思う。

 

例えば、経済学って分野があるけど、

これは究極何をやっているかと言えば、

“経済学的に人間がとるべき合理的な行動の解明”

 

パン屋さんを経営するとして、

1日あたり何個パンを生産する事が利益最大化に繋がるのかとか、

老後に備えるためには現役世代の貯蓄額はいくらが最適なのかとか。

 

金銭という数量化が可能な物差しを使って、

最終的に金銭的に得な選択肢を導く作業。

これが、抽象度の高い次元での理解。

 

で、こういう抽象度の高い、いわば法則的な部分を理解するのがゴール。

 

ただ、学ぶ段階で難しいのは、

いきなりこの抽象度の高い次元からは理解できないって事。

そこがゴールなのに、いきなりそこを学ぼうとしても無理だという現実です。

 

要するに抽象度の高い次元をいきなり学んでも、

結局“リアリティ”がないから、パッとしないって事。

イメージができていない段階では、心の底に落ちる事はない。

 

だから学ぶ時にどうするかっていうと、

基本的には具体的な個別領域をまずは攻める。

 

さっきの経済学の例で例えるのなら、

税金の最適化モデルの数式を学ぶとか、

微分とか使って費用便益分析してみるとかね。

 

そうやって、個別具体領域を攻め込む事で、

『あれ、これやってる事は違うけど、結局ゴールは同じじゃね??』

って事に気づいてくるもの。

 

これは具体を学ぶ事で、

1つ抽象度を上げたとしても、

自分の中でイメージが湧くから、法則として抽象度が高い状態で腑に落ちる。

 

これが学び段階での“具体と抽象の関係の法則”

(こうやって、抽象度高めてまとめるのもライティングのテク)

 

そうそう、よく『体系的な理解』って言葉が使われますね。

 

これは極めて大事なんですけど、

多くの人はいきなり体系的な知識を求めにいきます。

だけど、これは典型的なミス。

 

そもそも、体系的な知識なんて存在しない。

これは、具体を学ぶ中で、本人の頭の中で起こりうる現象そのもの。

あー、結局そういう事だったのか!!って感覚そのもの。

 

だから、教えてもらうって次元の話でもないし、どこかに落ちている訳でもない。

 

これは、具体をまず学び、

それを意識的か無意識かの状態で繋げる過程。

だから、具体をすっ飛ばしていけるもんじゃない。

 

楽しようと思っても無駄。

 

これから、アフィリエイト頑張ろうって思って、

そのためにコピーライティングを学ぼうって人は、

この“具体と抽象の関係の法則”を忘れないで欲しい。

 

コピーライティングのゴール、

特にアフィリエイトの場合のライティングのゴールは、

販売に繋がる文章技術の習得です。

 

僕が人の心を揺さぶる文章ってよく言うのは、

そうする事が最も販売に直結するから。

だから、心を揺さぶる文章術を身につけていくのが目標になる訳。

 

これは、学校教育では教えていないから、

どれだけ偏差値高い人でも、知識なしではできない。

たまに爆発的にセンスのある人がいない訳ではないけど、かなりの変態。

 

だから、ここはみんな0スタートだから差がつくので、

ちゃーんとコピーの勉強はしようねってのが僕の見解。

 

コピーライティングの場合の個別領域ってのは、

例えば消費者心理学、脳科学、認知科学とか、

論理構成のフローや、セールスページの構築法とか。

 

ただ、どれにも共通して言える事は、

“人の心を揺さぶるための1つの技”って事。

これは、学んでいく中で、抽象度が高くても理解できるようになる。

 

というか、そうなるようにブログやメルマガでは発信していきます。

 

“遠回りの法則”に例外はない。

 

はい、ライティングの重要性って何となく伝わったと思うんですけど、

ぶっちゃけ正直な感想は“手っ取り早く稼ぐ方法教えて”だと思います。笑

 

まあ、その気持ちは分かるんですけどね。

 

ただ、このサイトやメルマガでは少なくともそういうのはやってない。

というか、僕はそんなテクニック知らないし、知らないから発信もできない。

そして、多分そんなもの存在しないって価値観の持ち主。

 

だから、何か遠回りさせられてるんじゃ??

なーんて思う人も実際いると思う。

 

だけど、僕は“遠回りの法則”って絶対だと思う。

 

結局最短で結果を出すために必要なのは遠回りってアイロニー。

 

ただね、僕はどの分野から勉強していくにしても、

最終的には全て習得していかなきゃいけない訳だから、

最も求められるスキル中心に学んでいくべきだと思う。

 

実際、学習っていうのは点ではなく、同心円的に人がるもの。

 

例えばコピーライティングの勉強をしていく中で、

“プロダクトローンチ”とかいうマーケティングの言葉も出てくる。

そしたらそれは、マーケティングも同時に学んでます。

 

僕のイメージとしては、コピーライティングを軸にして、

その周りに関係あるものを潰していく学習が理想。

それができれば一通り学べちゃいます。

 

ちなみにその行き着く先って、

コピーライティングを抽象度の高い次元で理解するだけじゃなく、

ビジネスそのものに対して法則性も身についてくるものです。

 

僕はそんな感じでやってきました。

 

一番ダメなのは、ライティングも、マーケティングも、集客も、

SEOも、PCスキルも、デザインもって”複業”する事なので、

それだけは絶対にやめましょう。

 

基本的にはコピーライティング中心で、

そこから派生させていくイメージで全体の体系的理解に持って行きましょう!!

 

ではでは。

スポンサードリンク
無料メルマガ講座

webビジネスの本物が学べる無料講座




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です