【4つのNot】どうぞメルマガを”解除”してください。

メルマガなんて解除されるぐらいが程よい。

 

どうも。

 

ちょっと今回は、読者さんから
相談があったので、この場で回答。

 

相談内容ですが、
『メルマガが解除されちゃうんです!!』
と言うもの。

 

せっかく集めた“リスト”にも関わらず、
何件か解除されちゃったので、
ちょっとショックだったみたいです。

 

だけど、これは経験上確実にお伝え
できることがあるんですけど、
メルマガなんて定期的に解除されてる
方が絶対に言いってことです。

 

というのも、世の中の人って、
あなたが思っているより多忙。
だから、時間あるようでない。
そうなると、基本的にメルマガなんて
読んでもらえない方が自然です。

 

だから、メルマガがちゃんと解除されてる
というのは、ひとまず開封してもらえて、
そこそこ読んではもらえている証拠。
ほとんどのメルマガは読んですらもらえないので、
これは逆に自信を持っていいことなんですね。

 

メルマガの”4つのNot”について

 

で、メルマガをやる時に、
最初にこれ知っといて!!って事が
ありますので、ちょっと紹介します。
それは“4つのNot”について。

 

4つのNot

①Not Open(開封しない)
②Not Read(読まない)
③Not Believe(信じない)
④Not Act(行動しない)

 

メルマガビジネスってのは、
間違えなく稼げるマーケティング。
だけど、乗り越えないとダメなハードル
っていうのは、やっぱり存在する。
魔法のツールじゃない。

 

①Not Open(開封しない)

 

まず1つ目のNotですが、
“Not Open(開封しない)”

 

自分の意思でメルマガ登録した読者
でさえも、実際はほとんど開封しません。
これは、本当にその通り。

 

メールが送付されてきても、
一切開封する事なく、ゴミ箱行き。
ほとんどこれです。

 

メルマガビジネスって、
“到達率”“開封率”って言葉が
あるんですけど、大事なのは“開封率”

 

もちろん、到達する事が大前提ですが、
(勝手に迷惑フォルダに入る事もある)
仮に到達しても、結局読んでもらえなければ、
結果としては到達してないのと変わらない。

 

これは、メルマガのタイトルが、
読者の興味を引くものでなかったか、
発行者への興味関心が低いかどっちか。

 

発行者への興味関心が低い場合は、
普段のコンテンツの質が評価されてない。
だから、そこを改善していかないとダメ。

 

逆に、発行者への評価は一定程度あっても、
開封してもらえないって事は、タイトルが悪い。
単純に1目見て、面白そう!!って思われてない。
つまり“コピーライティングの問題”です。

 

これは、スキルを高めれば解決するので、
いつも紹介する下の書籍で勉強すればいいです。

 

【ダイレクト出版書籍レビュー】現代広告の心理技術101(ドルー・エリック・ホイットマン)の内容と評価

2017.04.16

 

コピーライティングってのは、
書く技術ですが、すなわちそれって、
“人の心を動かす心理術”の事。
たったワンフレーズでもそれは必要。

 

②Not Read(読まない)

 

2つ目のNotは、
“Not Read(読まない)”

 

これは、開封されたんだけど、
実際には読んでいないって事。

 

1文字も読んでいない事もあるし、
数行読んで、途中で読むの辞めるケース。
これも全然あります。

 

読み手も決して暇じゃない。
読む価値なしって判断されたら、
読んでいる途中でも、他の事にシフトします。

 

これが、2つ目のNot

 

③Not Believe(信じない)

 

3つ目のNotは、
“Not Believe(信じない)”

 

開封もした、1通り読んだ。
だけど、『腑に落ちない』って事。

 

で、これについてですが、
この辺りまで来るともう“合格圏内”
間違えなく、売り上げは上がっている。

 

というのも、人というのは、
色んな価値観を持っていますから、
絶対に全員に伝わるような事はない。

 

あったとしても、
『人を殺す事はいけません』
『みんな幸せになれるといい』
とかの道徳的な話ぐらい。

 

そんな事すでにみんな知ってるし、
メルマガで書いても無意味。

 

だから、尖った事を発信してくのですが、
それをすると、一致数のファンと引き換えに、
一定数のアンチが生まれるって事です。

 

この段階までくると、
必ず“メルマガ解除”ってされる。
絶対にされるものです。

 

でも、これって結構肯定的に捉えて結構。
少なくても、開封されない、読まれないって壁
は確実にクリアしてるんですよ。

 

読んだから、解除したんです。
読まれていなくて、ゴミ箱行きだけど、
解除されていないリストよりはマシ。

 

だから、メルマガがちゃんと解除
されているって状態は、自信を持っていい。
ちゃんとビジネスになってきてるって事。

 

④Not Act(行動しない)

 

じゃあ、最後のNot
“Not Act(行動しない)”
について解説しときます。

 

これは、最終的にマネタイズの段階。
そこでの読者の行動に関するもの。

 

メルマガでは、何かしらの商品・サービス
を読者の方にセールスするタイミングが来る。
そうしないと、発行者は利益にならない。
ボランティアではないですからね。

 

だけど、ほとんどの読者は、
“有料のモノ”になると、まず行動しない。
それどころか、メルマガを解除してくる。

 

“売り込みをかけられている”って、
そう感じた瞬間に、発行者に対して、
不快感のようなモノを感じちゃう。
だから、メルマガが解除されちゃうケースです。

 

ただ、これは避けては通れません。

 

基本的にメルマガビジネスって、
リスト全員をお客様にするビジネスじゃない。
収集したリストの一部に反応してもらえれば、
それで全然構わないってビジネスモデル。

 

だから、セールス文が入っているメール
に対しての解除率が高くたって、気にしない。
それは、当たり前の事だからです。

 

結局、解除する人には、
自分がおすすめする商品、サービス
の魅力が伝わらなかったって事です。

 

ステップメールのフローの改善とか、
セールスレターの改善で成約率を高める事
はできるのですが、それでも解除はされます。

 

基本的に売り込みをされるのが嫌ってのは
人間の本能的な部分なので、しょうがない。
だから、ここでメゲるのはメルマガ発行者
としてはナンセンスだよって事です。

 

相手を”儲けさせたくない”って心理

 

そうそう、ここでもう1個、
有料のセールスメールが
送られてきた時の顧客心理について。

 

実際にこういう人多いと思うんですけど、
『相手を儲けさせたくない』って心理が働く。
多分、これは無意識に近いです。

 

実は昔の僕もそうでした。
例えば、アフィリエイトリンクがあると、
『ここから買うと、この人儲かるんだなー』
とか考えて、買ってたまるか!!みたいな。

 

これと同じ思いの人も多いはず。
だからメルマガを解除する。

 

でも、この思考っていかに二流で、
ビジネス思考ではないかって事を、
少なくともあなたには伝えたい。

 

メルマガとかの場合だと、
少なからず無料で有益な情報を
発行者から受け取っているわけだし、
実際人生を変えるきっかけにもなる。

 

だからシンプルに“感謝”はある。

 

だったら、別にその人の所に
お金が流れる事って、なんか変かな?
今の僕は決してそうは思わない。

 

そもそも、その人に紹介してもらって、
とある商品・サービスを知ったとかだったら、
その人を経由しなければ、その情報は
手に入っていなかった可能性もある。

 

それ自体がまず“感謝”

 

だから、相手を儲けさせたくない!!って、
それはつまり“ありがとうが言えない”って事。
お礼を言う事ができないってことです。

 

自分がその人の養分にされてるみたいな、
自分中心で物事を考えるからそうなるわけ。
ここが、いかにビジネス思考でないか、
あなたならきっと分かるはず。

 

これは、その感情が有益な情報を手にする
チャンスそのものを奪っているってのもありますが、
それ以上に、“販売者としての素質”がない。

 

シンプルに、ありがとうを言えないが、
他人からありがとうを言ってもらえるかって話。

 

以前、アフィリエイト報酬の正体という
タイトルで記事を書きました。

 

アフィリエイト報酬の正体をちゃんと理解できているか?

2017.04.10

 

そこでも言いましたが、
アフィリエイト報酬の正体って、
“ありがとうの数”ですよね。

 

つまり、他人に何かしらの価値提供
するから、その対価として収益が発生する。
アフィリエイト報酬もまさしくそれ。

 

だから、もしアフィリエイトをするのであれば、
他人に感謝されるようなコンテンツを作らな
ければいけないわけですが、当の本人が、
ありがとうを言えない人間ってのはダメ。

 

自分はありがとうを言わないけど、
あなたは私に感謝してね!!!
なーんて思考の人間が成功するわけない。

 

これはマインドの問題ですが、
僕は、価値のある情報を提供している
アフィリエイターがいたとすれば、
『あえてそこから買う』を徹底してます。

 

勿論そこから買えば、そのアフィリエイターに
チャリンとお金が入る事は分かっていますが、
『あえてそこから買う』を徹底してる。

 

それは、同じ販売者としての意識と、
そうやって感謝する事を習慣にしてると、
自然と自分も人から感謝される。
そういう記事を書けるようにもなります。

 

人間って、自分を扱うように、
他人にも扱われるって法則があります。

 

自分のことを大切にしてれば、
周りの人も自分のことを大切に扱う。
これは、そういうオーラや雰囲気があるから。

 

逆に”自分なんて”みたいに、
自分を雑に扱えば、他人からもそう扱われ、
人生そのものがお粗末になる。

 

今回でも、普段からありがとうと言える人間
として自分をちゃんと扱っていれば、
周囲からも必ずそう扱ってもらえます。

 

アフィリエイトの場合はありがとうの対価が報酬。
結果として、ビジネスもうまくいくってこと。
これがビジネス思考だと僕は思う。

 

勿論、マインド面からの理由だけじゃない。

 

実際、そういう習慣をつけておくと、
文章が上手い人のことをきっちり知る努力をする。

 

自分が、『あ、この人から買おう!!』って
思ったってことは、そこに価値があったから。
じゃあ、その価値って何??って思えば、
それを必死に研究するじゃないですか?
だから、単純にスキルも上がってくる。

 

結局、世の中のことって結構リンクしてて、
最終的には絶対に自分の所に返ってくる。

 

自分が”ありがとう”と言ったら、
いつか”ありがとう”は返ってきます。
ここをきちんと理解してくれる人が
増えることを僕は願っています。

 

ではでは。

スポンサードリンク
無料メルマガ講座

webビジネスの本物が学べる無料講座




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です